著者
石井 秀明 西田 裕介
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.24, no.5, pp.761-766, 2009 (Released:2009-11-25)
参考文献数
28

理学療法において,スキルの向上を図ることは重要である。スキルの向上の要素の一つの要因として,いかに疲労せずに課題を遂行できるかということが含まれる。しかし,疲労のメカニズムは,未解明のままである。そのため,理学療法プログラムの立案の際には,頭を悩ます問題である。そこで,疲労のメカニズムを解明することは重要であると考えられる。本稿では,疲労のメカニズムの定説であった末梢性疲労モデルの基礎であるHillらの研究から疲労の原因を明確にし,最新の研究から末梢性疲労モデルの限界を示唆する。そして,脳科学からみた新たな疲労のメカニズムを紹介し,その新たな疲労のメカニズムの理学療法への応用を紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 7 posts, 2 favorites)

(扁桃核 海馬) ”つまり,「楽しい」と認知する課題は,情動に訴える事ができ,記憶に残りやすいので,運動イメージがしやすくなり,パフォーマンスが向上すると考えられる。” 末梢性疲労モデルから中枢性疲労モデルへの 仮説の移行 https://t.co/EQLu2k3pK0
”また,スキルの向上を目的とした理学療法の際にも, 「大変」,「きつい」という精神的疲労感を認知するような 課題ではなく,「比較的楽にできる」,「楽しい」と認知する課題を処方することで,スキルの向上に差が生じてくると考えられる。” https://t.co/EQLu2k3pK0

収集済み URL リスト