著者
岩田 晃 淵岡 聡 木村 大輔 樋口 由美 灰方 淑恵 上 勝也 増原 光彦
出版者
理学療法科学学会
雑誌
理学療法科学 (ISSN:13411667)
巻号頁・発行日
vol.25, no.2, pp.213-216, 2010 (Released:2010-05-27)
参考文献数
15
被引用文献数
2

〔目的〕二関節筋に対するストレッチングにおいて,肢位を変化させることによって,伸張部位が変化するかを検討した。〔対象〕若年健常男性7名とした。〔方法〕全ての被験者に1)SLR,2)HFKEの二つのストレッチングを行った。超音波を用いて半腱様筋の近位部と遠位部の二部位について構造学的評価を行い,ストレッチング方法による差を検討した。〔結果〕近位部では筋長に対する腱画,坐骨結節間距離の割合がSLRよりもHFKEの方が大きくなり,遠位部では羽状角がHFKEよりもSLRの方が小さくなり,筋厚に差は認められなかった。〔結語〕近位部はHFKEの方が,遠位部はSLRの方が伸張されることが明らかとなり,伸張部位を関節角度によって変化させることが可能であることが明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 20 favorites)

@TrainerWao 初めまして! 既出かもしれませんが、置いておきます! https://t.co/7IabRVySjA
@tam_lbp @_cnkaz_ KE、HKFEですかね^ ^? knee extension https://t.co/nbsYvKWfST Hip Flexion and Knee Extension stretching https://t.co/3DXQGPs6ow
57☀️ 筋に部分的な伸張は可能なのか?part2 対象は半腱様筋 結果 近位は(股膝屈曲位から膝伸展)が、 遠位部はSLRがより伸張された。 つまり☀️部分伸張は可能であった☀️ 論文により測定方法が違うためか、結果に少しばらつきがある印象です。 https://t.co/3DXQGPs6ow https://t.co/9ZG0i7lfPn

収集済み URL リスト