著者
大﨑 達哉 金城 結海夏 池内 与志穂
出版者
Institute of Industrial Science The University of Tokyo
雑誌
生産研究 (ISSN:0037105X)
巻号頁・発行日
vol.72, no.3, pp.251-255, 2020-05-01 (Released:2020-06-13)
参考文献数
26

脳は運動・知覚・意識や記憶といったヒトのすべての活動において重要な役割を果たしている.脳の機能が生み出される仕組みを理解するために,多様な手法(EEG, fMRI など)が発展してきたことに加え,近年はヒト幹細胞から脳に似た構造を持つ組織体(脳オルガノイド)を作製して解析する試みが盛んに行われている.本稿では,複雑な脳の秘密を解き明かす手法として,基礎研究と産業応用の両面から期待されている脳オルガノイド研究の現状を紹介し,さらなる発展への工学・化学分野の必要性を議論する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 3 favorites)

この論文めっっちゃ興味深い。 https://t.co/mHPHaOgJlv
Current studies and future perspectives on brain organoid research https://t.co/eENkzO8ll8
「脳オルガノイド研究のこれから」 https://t.co/Nqj1DFsuQs 「脳オルガノイド」で検索結果4位に論文が。 査読通ってるならこれ以上信頼できる情報源は無いと思う。 「ポイントカード 事例」とか経営学の論文が上位表示されても良さそうなビジネス系のキーワード結構ある。気がする。
脳オルガノイドの研究ってすごいところまで来てるんだなあ。 この総説論文がわかりやすかった。 https://t.co/bOl5V8k1Y0 https://t.co/CHamjtJLZy
https://t.co/JX5PPIZQLF

収集済み URL リスト