趣味アカ+α (@ukeybeliever)

投稿一覧(最新100件)

例のAIの学習元の違法性を指摘する方も見かけるが、この方の解釈だとそれ自体は現行法上違法にはならないhttps://t.co/tJoq2F0zJD
先日読んだこれが現行の法律において正しいのだとすると、「ディズニーの作品に限定して学習→ディズニー風作品の生成」がセーフなわけで 一度モデルを生成して出力直前に学習データを追加するか、最初から学習データに含まれているかの違いしかない気がしている https://t.co/tJoq2FiIXL

お気に入り一覧(最新100件)

標的タンパク質の構造情報のみから結合タンパク質の設計が可能になった https://t.co/rJbVbq9QZy ファルマシア誌のトピックスにCao L. et al., Nature 2022 "Design of protein-binding proteins from the target structure alone" https://t.co/fMHPpiKy41 を紹介する日本語の記事を書きました。
シングルセル解析の基本事項がまとめられた日本語で読める直近の総説です。 https://t.co/bDOAWmKx4T
化学と生物「龍涎香の人工合成系の確立に向けて: 新規アンブレイン合成酵素の創出」https://t.co/syZhZ7mYyS テルペン環化酵素を改変して、マッコウクジラの腸管結石であり香料として重宝される竜涎香の有用成分 ambrein を squalene から人工合成。
一言で言うと「日本では普通に可能」です。 https://t.co/HUT6wxMtBW https://t.co/d8H6EIFFzp https://t.co/hVvu1Bn0Zk
ディズニーでも違法サイトでもOKなのつよい 上野, 情報解析と著作権──「機械学習パラダイス」としての日本, 人工知能 36巻 6 号(2021 年 11 月) https://t.co/xKeQv4PUqF https://t.co/QocVPg8CZu
総説論文「機能未知遺伝子の機能を推測するバイオインフォマティクス: AlphaFoldから遺伝子誕生学へ」が出版になりました。 日本微生物生態学会誌,37,3-13.(2022) https://t.co/dy4ek4bEFK
R でケモインフォマティクス実践 すごいボリューム https://t.co/6Mm8Hu2iHW

フォロー(664ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @takusansu: #超算数 0の段のかけ算の学習援助 -授業内容の構想とその効果- https://t.co/8BVCRQP6U6 という文献が凄い。 4年生に洗脳指導 大学生にまで正しい順序wを求めている 順序指導を正当化する根拠が、ある文献に小学2年に対してあり…
生物物理「筋小胞体カルシウムポンプにおける構造変化と自由エネルギー解析」https://t.co/oIaWc1w9xZ タイトルに「自由エネルギー解析」と書いてあるが、本文中には自由エネルギー地形の議論がない……
RT @temmusu_n: #超算数 原典を実見して一点の曇りもなく4×8=32の作問の意図を明らかにしたい向きは、 佐伯胖、長坂敏彦、上野直樹 (1988) 昭和62年度特定研究成果報告書『子どものドロップアウトに関する教育学的研究』 の54ページ*以前*を見てくださいht…
RT @gggtta: 2編目は、東大・森脇さんによる「AlphaFold2までのタンパク質立体構造予測の軌跡とこれから」です。急激な発展と展開を見せているタンパク質立体構造予測の関連問題に関して、トップランナーの森脇さんに歴史的経緯からこれからの展望までを執筆いただきました。…
RT @temmusu_n: #超算数 更改。 重松敬一・佐藤学「算数・数学教育における問題解決学習の研究 (13): 算数の学習規範の育成に関する研究」『奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要』第19巻 (2010年3月)、61-6ページ。https://t.c…
標的タンパク質の構造情報のみから結合タンパク質の設計が可能になった https://t.co/rJbVbq9QZy ファルマシア誌のトピックスにCao L. et al., Nature 2022 "Design of protein-binding proteins from the target structure alone" https://t.co/fMHPpiKy41 を紹介する日本語の記事を書きました。
生物物理「RRF と tRNA によるリボソームリサイクリングに関する構造的洞察」https://t.co/4cYBMjNsbS EF-G, RRF 結合かつ ribosomal subunits 解離前の状態は捕捉しにくいとあるのに、今回構造解析に成功する上で重要だった工夫は何なのか、肝心なところがよく分からなかった。
RT @fasmac_taro: オリゴヌクレオチド合成に関する記事を生物工学会誌100巻(2022)11号の「バイオよもやま話」に取り上げていただきました

フォロワー(84ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)