著者
鍛冶 美幸
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.30, no.2, pp.66-70, 2006 (Released:2008-01-18)
参考文献数
17
被引用文献数
1

宗教儀式や祭事における巫女の舞,集落での集団の踊りなど,“踊り”は古来より人々の生活のなかにあり,人々の心をつなげ,神と通じる重要な活動であった.近代に入り身体と精神を分析的に区別してとらえる視点が広く定着し,精神生活と“踊り”は徐々に切り離されていく傾向があったが,昨今あらためて身体と精神の不可分性を唱え両者の統合を重視する視点が注目されている.本稿で紹介するダンス/ムーブメント・セラピーは,ダンスや動作を用いて統合体としての心身の機能回復・向上を目指す心理療法である.身体活動を通じた直接的な自己表現や心理的体験,人とのふれあいによってぬくもりを体感する機会が乏しくなっている現代において,“踊り”によってもたらされる交流と,芸術的で象徴的な表現/体験の機会の獲得は再び重要な心理社会的役割を担う可能性をもつのであると考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

鍛冶 美幸 2006 ダンス・セラピー ~こころの健康と“踊り”. バイオメカニズム学会誌, 30(2), 66-70 https://t.co/oclrCC6fEc, https://t.co/x7P55KDK0S 稚児流の… https://t.co/qXcuycH5CN
鍛冶 美幸 2006 ダンス・セラピー ~こころの健康と“踊り”. バイオメカニズム学会誌, 30(2), 66-70 https://t.co/oclrCC6fEc, https://t.co/x7P55KDK0S 稚児流の… https://t.co/qXcuycH5CN
https://t.co/bz4ZWaftvf

収集済み URL リスト