著者
野村 正實
出版者
社会政策学会
雑誌
社会政策 (ISSN:18831850)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.70-81, 2016 (Released:2018-06-11)
参考文献数
35

日本の高度経済成長期(1955〜73年)に対する研究が盛んになっている。しかしそれらの研究にもかかわらず,きわめて重要な論点が欠落している。それは,高度成長期において日本は歴史上初めて自営業が多数を占める経済社会から雇用者が多数を占める雇用社会に移行したという事実である。自営業の世界と雇用の世界とでは経済社会原理が基本的に異なっている。本稿は,自営業が果たしてきた役割,雇用社会に移行したことの意義を検討する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 4 favorites)

https://t.co/qtI9Nr8XUc
高度成長期における会社・自営業・学歴主義 https://t.co/OrL9As4jAU 自営業という生き方が激減し、雇用中心社会の到来とともに学歴主義は成立したという、それは当然でしょうという論。
学歴エリート主義は、自営業の衰退と軌を一にしているという説があります。 https://t.co/qtI9Nr8XUc

収集済み URL リスト