著者
竹谷 裕平 髙津 哲也 山中 智之 柴田 泰宙 中屋 光裕
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.84, no.1, pp.130-132, 2018 (Released:2018-01-19)
参考文献数
11

キアンコウの外部形態である瘤状鼻管幅の性的二型を利用した性判別法の精度を検証した。体重1 kg以上のキアンコウの全長(TL)-瘤状鼻管幅間の雌雄別回帰式は,雄が相対的に大型の瘤状鼻管幅を示した。両回帰式の±20%の範囲で性判別した正答率は,400-499 mmTLで93.0%,500-899 mmで94.9-96.0%,≥900 mmで100%を示し,400 mmTL以上で実用的な性判別法と判断した。雄の大型の瘤状鼻管は産卵行動に関連し,雌のフェロモンを感知するのに有効と考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 8 favorites)

キアンコウは雄の方が鼻がでかい!フェロモンをかぎつけるためか? 400 mm TL以上で実用的な性判別法でもある。第1著者は北大で博士号を取得したばかりの方。 青森県周辺海域におけるキアンコウの瘤状鼻管幅の性差, 竹谷 裕平ら,… https://t.co/RrF6nOkRBz

収集済み URL リスト