言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[資料] 「原子力をめぐる科学者の二重性 ─ 科学・技術の社会的存在形態 」(木本 忠昭、学術の動向 Vol. 19 (2014) No. 3)

Twitter (61 users, 70 posts, 68 favorites)

【原子力をめぐる科学者の二重性─科学・技術の社会的存在形態】 木本忠昭(東京工業大学名誉教授 専門:技術史)https://t.co/j23PqfCmEV
メモ: 木本 忠昭, ``原子力をめぐる科学者の二重性─科学・技術の社会的存在形態'', 学術の動向, Vol. 19 (2014) No. 3 p. 3_69-3_76 https://t.co/f74WTMyuTH
原子力をめぐる科学者の二重性 ─科学・技術の社会的存在形態 学術の動向 Vol.19 2014.3 木本忠昭氏 https://t.co/Jk2CKunxym
【論理がすっきりしていて痛快】 木本忠昭:原子力をめぐる科学者の二重性――科学・技術の社会的存在形態 https://t.co/AssdClW2HH … 『学術の動向』2014年3月号 トランス・サイエンスとかいうカタカナ語で何かを語った気になるなという著者の言葉が聞こえそう
「科学的な説明を隠蔽あるいは排除し、拡大を防ぐための行政処置が石油化学工業育成のために通産官僚たちによって確信犯的に妨害されたことによって水俣病が拡大されていったことが事の真相…当の官僚たちの回想によってさえも明らかになっている」 https://t.co/YdmUw2s2SE
『学術の動向』2014年3月号 http://t.co/WFfP517cf7  特集:原子力発電の社会的普及プロセスの歴史的検討  木本忠昭:原子力をめぐる科学者の二重性――科学・技術の社会的存在形態 https://t.co/YdmUw2s2SE
じっくりと拝読“@HironobuSUZUKI: 読み応えあり ↓ 木本 忠昭, ``原子力をめぐる科学者の二重性─科学・技術の社会的存在形態'', 学術の動向, Vol. 19 (2014) No. 3 p. 3_69-3_76, http://t.co/vWmLYNh5Ok”
原子力をめぐる科学者の二重性─科学・技術の社会的存在形態 (木本 忠昭)https://t.co/FtNVmfzaXv
『原子力をめぐる科学者の二重性 ─ 科学・技術の社会的存在形態』(木本忠昭) https://t.co/ntpAj2h1ND
原子力をめぐる科学者の二重性 ─科学・技術の社会的存在形態 木本忠昭 http://t.co/g3JcoRAqGo
交通安全教習のように、こういう分かりきったことを言い続けないとダメなのよね。RT @Carnot_1824 "「原子力をめぐる科学者の二重性 ─ 科学・技術の社会的存在形態 」:木本 忠昭、学術の動向 Vol. 19 (2014) http://t.co/wVmFijIiiW
「原子力をめぐる科学者の二重性 ─ 科学・技術の社会的存在形態 」(木本 忠昭、学術の動向 Vol. 19 (2014) No. 3) / “原子力をめぐる科学者の二重性” http://t.co/tQfJeqPmdz #資料

収集済み URL リスト