著者
香川(田中) 聡子 大河原 晋 田原 麻衣子 川原 陽子 真弓 加織 五十嵐 良明 神野 透人
出版者
日本毒性学会
巻号頁・発行日
2014 (Released:2014-08-26)

【目的】近年、生活空間において“香り”を楽しむことがブームとなっており、高残香性の衣料用柔軟仕上げ剤や香り付けを目的とする加香剤商品の市場規模が拡大している。それに伴い、これら生活用品の使用に起因する危害情報も含めた相談件数が急増しており、呼吸器障害をはじめ、頭痛や吐き気等の体調不良が危害内容として報告されている。本研究では、柔軟仕上げ剤から放散する香料成分に着目し、侵害受容器であり気道過敏性の亢進にも関与することが明らかになりつつあるTRPA1イオンチャネルに対する影響を検討した。【方法】ヒト後根神経節Total RNAよりTRPA1 cDNAをクローニングし、TRPA1を安定的に発現するFlp-In 293細胞を樹立した。得られた細胞株の細胞内Ca2+濃度の増加を指標として、MonoTrap DCC18 (GLサイエンス社)を用いて衣料用柔軟仕上げ剤から抽出した揮発性成分についてTRPA1の活性化能を評価した。また、GC/MS分析により揮発性成分を推定した。【結果】市販の高残香性衣料用柔軟仕上げ剤を対象として、それぞれの製品2 gから抽出した揮発性成分メタノール抽出液についてTRPA1に対する活性化能を評価した。その結果20製品中18製品が濃度依存的に溶媒対照群の2倍以上の活性化を引き起こすことが判明した。さらに、メタノール抽出液のGC/MS分析結果より、LimoneneやLinallolの他に、Dihydromyrcenol、Benzyl acetate、n-Hexyl acetate、Rose oxide、Methyl ionone等の存在が推定され、これらの中で、Linalool 及びRose oxideがTRPA1を活性化することが明らかになった。これらの結果より、柔軟仕上げ剤中の香料成分がTRPイオンチャネルの活性化を介して気道過敏性の亢進を引き起こす可能性が考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (167 users, 193 posts, 126 favorites)

.@papimami_jp むしろ、柔軟仕上げ剤から放散れる香料成分が気道過敏性の亢進等に関与するTRPA1イオンチャネルを活性化させるとの研究報告がすでにあり、アレルギーの原因となりうる点指摘されています。https://t.co/zCHGcadyGZ
@denpaonna2gou 香料成分で喘息や頭痛、アレルギーなどの健康被害はおきえます。科学的根拠となる研究論文については以下ご参考ください。https://t.co/ZDUIAcD20s https://t.co/CYoAHygRuA
@anan0213 いますね。好き嫌いの問題だけではなく、喘息や頭痛、吐き気などの健康被害があるためです。科学的根拠については以下ご参考ください。 https://t.co/ZDUIAcD20s https://t.co/CYoAHygRuA
出してるのは同じ物質だからキンモクセイでも喘息が出るし痛いわけよね。 https://t.co/MCsU6eNV4b 多くの化学物質過敏症の人たちが訴えてる柔軟剤規制が行われるとしたらキンモクセイも規制して全部切り倒さないと変よね。 人工と天然の区別してると色々おかしな事になる。
家庭用品に用いられる香料の成分がTRPA1の活性化を介し、気道亢進性をを高めることが示唆される研究結果が既に発表されています。https://t.co/ZDUIAcD20s https://t.co/wLEgz3we77 https://t.co/TOqKi6JDa6
柔軟剤含有香料が気道亢進性を高めていると推察される研究結果が既にあります。そのため、国にメーカーに対する規制を求めたいと考えています。https://t.co/ZDUIAcD20s https://t.co/HmTR2EzDJa
当アカウントでは、香料によって多くの方に頭痛・めまい・喘息等の症状が生じており、また、柔軟剤含有香料が気道亢進性を高める研究結果が既にあることから、香料曝露による症状は、嗜好性の問題ではなく、れっきとした健康被害であると考えています。https://t.co/ZDUIAcD20s

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/toxpt/41.1/0/41.1_P-163/_article/-char/ja/ (162)

http://altmetrics.ceek.jp/article/www.jstage.jst.go.jp/article/toxpt/41.1/0/41.1_P-163/_article/-char/ja/ (6)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/toxpt/41.1/0/41.1_P-163/_pdf (2)