著者
香川(田中) 聡子 大河原 晋 百井 夢子 礒部 隆史 青木 明 植田 康次 岡本 誉士典 越智 定幸 埴岡 伸光 神野 透人
出版者
日本毒性学会
雑誌
日本毒性学会学術年会 第45回日本毒性学会学術年会
巻号頁・発行日
pp.P-118, 2018 (Released:2018-08-10)

【目的】室内環境中の化学物質はシックハウス症候群や喘息等の主要な原因、あるいは増悪因子となることが指摘されているが、そのメカニズムについては不明な点が多く残されている。本研究では、室内空気中から高頻度で検出され、現在、室内濃度指針値策定候補物質として議論が進められている、2-Ethyl-1-hexanolおよびTexanolと、様々な消費者製品に広く用いられており、特にスプレー式家庭用品等の使用時には室内空気中から高濃度に検出されることがこれまでの実態調査から明らかになっている(-)-Mentholの複合曝露による影響をあきらかにする目的で、気道刺激に重要な役割を果たす侵害刺激受容体TRP (Transient Receptor Potential Channel)の活性化を指標に評価した。【方法】ヒト後根神経節Total RNAよりTRPA1 cDNAをクローニングし、TRPA1を安定的に発現するFlp-In 293細胞を樹立し、細胞内カルシウム濃度の増加を指標として対象化合物のイオンチャネルの活性化能を評価した。カルシウム濃度の測定にはFLIPR Calcium 6 Assay Kitを用い、蛍光強度の時間的な変化をFlexStation 3で記録した。【結果および考察】2-Ethyl-1-hexanol、Texanol および(-)-Menthol それぞれの単独処理ではTRPA1の活性化が認められない濃度域において、2-Ethyl-1-hexanolと(-)-Menthol、Texanolと (-)-Mentholの同時処理によって顕著なTRPA1の活性化が認められることが判明した。室内環境中には様々な化学物質が存在するが、本研究結果より、単独曝露時には気道刺激が引き起こされない場合でも、室内環境中に存在する化学物質の複合曝露によってTRPA1を介した感覚神経あるいは気道の刺激が引き起こされる可能性が考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (16 users, 22 posts, 8 favorites)

@ginbunateacher 科学的にはコレです。 https://t.co/p9BLoSnI7q
@rosetea1711 あちらの言う「安全」には、最新の科学的知見が反映されていなでしょう。「TRPA1は、ある化学物質一種類では活性化しない濃度域でも、三物質が同時にあると、顕著に活性化する」ことが、昨夏発表の研究で示されました。これを盾に、あちらの「安全」神話は崩せると思います。 https://t.co/a81pI6HdMZ
@rosetea1711 TRPイオンチャネルは、研究途上です。どんどん新しいことが分かってきています。この夏に発表された論文です。一物質だけでは反応が起きない濃度でも、三物質が合わさると、反応が起きることがわかりました。 https://t.co/a81pI6HdMZ
室内環境化学物質による侵害刺激の相乗作用 https://t.co/ugpCBrXe0T 「室内環境中には様々な化学物質が存在するが、単独曝露時には気道刺激が引き起こされない場合でも室内環境中に存在する化学物質の複合曝露によってTRPA1を介した感覚神経あるいは気道の刺激が引き起こされる可能性が考えられる。」 https://t.co/DRG1RcXrXB

収集済み URL リスト