著者
池田 一人
出版者
国立大学法人 大阪大学グローバルイニシアティブ機構
雑誌
アジア太平洋論叢 (ISSN:13466224)
巻号頁・発行日
vol.23, pp.21-32, 2021-03-19 (Released:2021-03-19)

The Myanmar military seized power in a coup in February 2021. Senior General Min Aung Hlaing justified the takeover by alleging extensive voter fraud in the 2020 general election. The coup soon provoked an immense popular protest in Myanmar comparable to the 8888 and the 2007 Safran uprisings. The revival of military regime is now a serious worry after having a civilian rule since 2011. This article attempts to evaluate the meaning of this ten years.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

クーデターとミャンマー民政10 年 池田一人 https://t.co/HZft3kjeld クーデター3週間後の論稿で、民政移管後10年間でミャンの批判精神にもスーチー批判を含め多様化の傾向が見られたが、それがすべて「軍政VS民主化勢力」という視野狭窄に戻ってしまうのではないかと憂慮している。 大当たり
“クーデターとミャンマー民政10 年” https://t.co/vS7anSrWva

収集済み URL リスト