浅沼 光樹 (@asorbus)

投稿一覧(最新100件)

真矛盾主義とアジア思想:分析アジア哲学の国際研究拠点形成https://t.co/Bp1LdNV6np
「ドゥルーズの自然哲学」で検索してみました。是非もう少し詳細な成果を知りたいところ。https://t.co/acy8wrQnZB

お気に入り一覧(最新100件)

カンギレムのHegel en Franceの抄訳が出ていたとは!解題もよい。 カンギレム「 フランスにおけるヘーゲル」〔抄訳〕・一九四七年のヘーゲル〔解題〕丸山真幸訳・解題『津田塾大学紀要』第51 号(2019 年)169–196 頁 https://t.co/gsyPk79rgs
加國尚志「キアスム、非連続の連統 : 西田哲学と後期メルロ=ポンティ存在論の接するところ」、『西田哲学会年報 』第14号、72-84頁、2017年 https://t.co/kAaAgmZMzu
中村美亜「新しいジェンダー・アイデンティティ理論の構築に向けて―生物・医学とジェンダー学の課題̶」 https://t.co/y8sQle6OGm
副島 美由紀「ポスト・ヒューマン時代の政治的想像力, あるいはアイロニカルな神話一 ダナ・ハラウェイの「サイボーグ宣言」を読むー(1)(2)一」 https://t.co/qxw6TebBJe https://t.co/tT4UELHD0T
副島 美由紀「ポスト・ヒューマン時代の政治的想像力, あるいはアイロニカルな神話一 ダナ・ハラウェイの「サイボーグ宣言」を読むー(1)(2)一」 https://t.co/qxw6TebBJe https://t.co/tT4UELHD0T

フォロー(18ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

こんな論文があるのか。面白いな。 https://t.co/mXcmOj6ede
@nagoyan2gou あとは、80年代に帝国書院が全訳世界の歴史教科書ってシリーズを出してた様子でした。https://t.co/JXvAsD4ik3 装丁が地味すぎる。この枠を更新したのが明石書店、という格好になるのかなと。

フォロワー(818ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

これは! 「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/YBlNyJk1Gm
こんな論文があるのか。面白いな。 https://t.co/mXcmOj6ede
RT @hiraiyasushi1: 青山拓央さん、森田邦久さんを招いてのベルクソン講義録イベント、上篇に続いて下篇も無事刊行されました。レポジトリから無料でお読みいただけます。 「ベルクソンと現代時間哲学 (上)」 https://t.co/R90LPL0LZ5 「同(下…
RT @hiraiyasushi1: 青山拓央さん、森田邦久さんを招いてのベルクソン講義録イベント、上篇に続いて下篇も無事刊行されました。レポジトリから無料でお読みいただけます。 「ベルクソンと現代時間哲学 (上)」 https://t.co/R90LPL0LZ5 「同(下…
青山拓央さん、森田邦久さんを招いてのベルクソン講義録イベント、上篇に続いて下篇も無事刊行されました。レポジトリから無料でお読みいただけます。 「ベルクソンと現代時間哲学 (上)」 https://t.co/R90LPL0LZ5 「同(下)」 https://t.co/NxzGurVEIz 藤田尚志、岡嶋隆佑、平井靖史
青山拓央さん、森田邦久さんを招いてのベルクソン講義録イベント、上篇に続いて下篇も無事刊行されました。レポジトリから無料でお読みいただけます。 「ベルクソンと現代時間哲学 (上)」 https://t.co/R90LPL0LZ5 「同(下)」 https://t.co/NxzGurVEIz 藤田尚志、岡嶋隆佑、平井靖史
津曲 敏郎 (2003)「ツングース語と上代日本語の文法上の類似点」『日本語系統論の現在』31: 237-247. https://t.co/9PRSimVUcq
RT @hotaka_tsukada: 「パワースポット」ブームについては、ブームの最中でちょっと書いたことがあって、CiNii「パワースポット」検索でも引っかかるのですが、なかなか参照されることはないですよね…。オープンアクセスでないと、なかったことにされるのかしら。 htt…

1 1 1 0 双対と類推

そんなことはなかったぜ https://t.co/9N43D8tZd7
他の巻は収蔵館多いのにこれはほとんどどこの館も買ってない、そりゃ価値を理解できる人が少なかったから https://t.co/TrowN4CCuF
60年でいろいろ進歩してるからどれ読んでもカルチャーショックだろうなあ https://t.co/HLaJdfQIE1
RT @annnagatsuki: なんかRTされたので書いておくと、たとえば第一巻 https://t.co/7J8IJ5wENi は「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」なので、今でも近くの図書館に行くと読めます(この前はランダウ・リフシッツ『電磁気学』が読めることを確…
早川由真「声になるまえに : リチャード・フライシャー『10番街の殺人』における呼吸音と身体」『立教映像身体学研究』7、2019年。https://t.co/4Q2TMOavht
早川由真「白の存在:リチャード・フライシャー『絞殺魔』におけるカーティス/デサルヴォの身体」『映像学』99(0)、2018年。https://t.co/NaXqWaD69s
早川由真「ジョン・カサヴェテス『オープニング・ナイト』における画面上の身体の存在論 : 加齢・接触・転倒の主題をもとに」『立教映像身体学研究 』5、2017年。https://t.co/yxX4X5UuUJ
@nagoyan2gou あとは、80年代に帝国書院が全訳世界の歴史教科書ってシリーズを出してた様子でした。https://t.co/JXvAsD4ik3 装丁が地味すぎる。この枠を更新したのが明石書店、という格好になるのかなと。
萩原俊治「ドストエフスキーの土壌主義と汎スラブ主義」 大阪府立大学 学術情報リポジトリ https://t.co/PVbgtsKVgZ
RT @h_shimazaki: @nayutass 手前味噌ですが,リカレントニューラルネット(イジング)と生成モデルの等価性と,熱力学との関係は https://t.co/qfbXWxrlCk あるいは https://t.co/iTRpihLyKr のAppendixと4…
大学一般教養の数学教育の問題点 森毅 森さんが当時出版されて30年経った高木貞治『解析概論』、15年経ったワイルの本を古い本と書いているのが驚いた。数学書はもっと息が長いものと思っていた。 https://t.co/B4APiIyRGG
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @ny1971: アレクサンドロヴィッチ『グローバルヒストリーと国際法』の書評(紹介)が『アジア経済』に載りました。オープンアクセスです。https://t.co/6Cf7Wc50NV
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @dandonban: @ShinHori1 内田先生は昔の認識で止まっているのだと思います。現在では小学校低学年から古典教育が始まり高等学校ではかなり高度な事をやっていますので、2020年2月の武漢への支援物資に添えられた長屋王の「山川異域 風月同天」に唐詩の返歌で答え…
RT @holysen: CiNii 論文 -  「メンヘラ」の歴史と使用に関する一考察 https://t.co/7ICrXCigKr #CiNii 誰かがやるべきだったことをついにやる人が出てきていたんだな。気づかなかった。
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ステレオカメラを用いた車両特徴量の抽出と選択的利用(大鐘 崇史ほか),2020 https://t.co/ThN1Z3xrHw 詳細な地図の上に標識や信号情報、車両や歩行者の動的情報を載せたダイナミックマップの活用において…
CiNii 論文 -  講演「スコラ哲学と現代文明」に学ぶSDGsの潮流 https://t.co/bebFrLqOi3 #CiNii
佐近田展康, 赤木健一, 仙頭武則, 松井茂「VRは物語を語れるか? : 〈ダムド・タワー〉シンポジウム報告」『名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要』12、2019年3月。https://t.co/FDsPRTxsYn
●佐近田展康「映画における音の空間 : 聴覚的空間性の技術的操作とその機能」『名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要』8、2015年3月。https://t.co/kVQLV9Ek2D ●同前「映画における《音》の機能分類」同前、 10、2017年3月。https://t.co/UVeX3RlHu1
●佐近田展康「映画における音の空間 : 聴覚的空間性の技術的操作とその機能」『名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要』8、2015年3月。https://t.co/kVQLV9Ek2D ●同前「映画における《音》の機能分類」同前、 10、2017年3月。https://t.co/UVeX3RlHu1
Gygi Fabio , Fabio Gygi「行為者としての「モノ」--エージェンシーの概念の拡張に関する一考察」『同志社社会学研究』15、2011年3月。https://t.co/7MP8BprQ86
楊小平「モノの力と感情の記憶 : 広島平和記念資料館における展示を事例として」『アジア社会文化研究』13、2012年3月。https://t.co/mSMOw8W62f
村田麻里子「ミュージアムが編む「ものがたり」: <美術>の言説を超えて」『美術フォーラム21』14、2006年10月。https://t.co/CHoI6lqrCL
RT @kobo_umuki: トンガの噴火や津波や鳴動については自然の脅威について痛感するけど自分の国も無縁でないことは認識していた方がいいと思うよ。理科年表の噴火の項目を一読するだけで空恐ろしく感じる。ちなみに過去2000年に日本と世界で起きた最大級の噴火についてはこんな論…
RT @uocham: 稲垣良典先生の60年代のお仕事。 正義の「相対性」について 『法哲学年報』1966年 https://t.co/mW2rzjEj6U