Genji (@gen21ka)

投稿一覧(最新100件)

脳と情報ネットワークの横断的研究 https://t.co/ZQ9iH9CV8D

お気に入り一覧(最新100件)

リンク切れしていたので再リンク 次の2つは必読。 https://t.co/0XWLnhwq6V エントロピーとモデルの尤度 赤池弘次 https://t.co/YRhnSOzAll 統計的推論のパラダイムの変遷について 赤… https://t.co/YUDXVFoAHv
小野田慶一(in press). 脳画像研究におけるグラフ理論の基礎 生理心理学と精神生理学 doi:10.5674/jjppp.1510tn. https://t.co/8Ki807SRGO
自分の健康状態を自己評価する際に、我々は自己内部にある基準を参照して判断するが、この内部基準が変化する現象をレスポンスシフトと呼ぶ。レスポンスシフトは、内的基準の変化、価値の変化、意味の変化の3つに分類される⇒https://t.co/c4Xxd3qAoU

フォロー(901ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/tRyFbSm9US 実は結構以前から,テキスト分析ものを感性工学のフィールドにてやっておりまして,こんなこともやっております.なんと15年も前になりました https://t.co/F2kQ3t7FW1
不随意の笑いについての最近の研究を調査していたのだけど小此木敬吾先生の1980年の論って最近になって海外で論文出てるのね ・随意と不随意で脳のネットワークが違う ・目の周りの筋肉は意思で動かせない 「笑いの発生メカニズム」 柴… https://t.co/vqr1xW1pjD
RT @Yuu_ABA: 日本語ではこちらの文献がオススメです。 例を用いて、実際にどのようにTau値が算出されるか説明しています。非常にわかりやすいです。 Tau-Uに限らずシングルケースの統計分析を一通り網羅できます。 https://t.co/VFyEj2G3WM
Rate of force development(RFD)とは最大筋力トルクではなく、筋力発揮開始時点から筋力上昇時における筋力変化の平均勾配から算出される指標です。特に神経性因子を反映するとされており、高齢者や運動器疾患患者で… https://t.co/vUBshKwvkI
RT @19cBungakuKen: 【19cの本筺6】『傍訓英語韵礎』明治5(1872)個人蔵。明治期ボール表紙本の最初の物の一つ。この頃から明治20年代初めにかけて、西欧の初等教育書を模倣したボール表紙打ち抜き綴じの簡易な洋装本が流行した。本書については鈴木徳三が最初に言及…
大脳基底核と強化学習の話は、昔バイオメカニズム学会に解説をかいた。 https://t.co/Fcnrg9IEdy
IOTS2019で @tsurubee3 さんが下記発表をしています。 sshr: ユーザに変更を要求せずにシステム変化に追従可能なSSHプロキシサーバ ○鶴田博文,松本亮介(さくらインターネット) 論文:… https://t.co/Bt2D9MAC4d
ゆううきさん @yuuk1t が発表中: Transtracer: 分散システムにおけるTCP/UDP通信の終端点の監視によるプロセス間依存関係の自動追跡 ○坪内佑樹(さくらインターネット),古川雅大(はてな),松本亮介(さくらイ… https://t.co/kkSomJIPFX
RT @asarin: @hideman2009 広瀬先生がちょうど今年ふりかえりの論文を書いていらっしゃるみたいです. 心理学者 SIMSOC に出会う:社会心理学の研究・教育法としてのゲームシミュレーション https://t.co/TTRn8kDLu4

52 2 2 0 OA 転移学習

RT @shima__shima: @chezou @hagino3000 @ysk_moto 共変量シフトは統計系の文脈ででてきて抽象的に分布が違うといった意味合いで最初に出てきました. 転移学習は機械学習分野で類似したデータという感じででてきました.2000年中頃はいろいろ…

52 2 2 0 OA 転移学習

@chezou @hagino3000 @ysk_moto 共変量シフトは統計系の文脈ででてきて抽象的に分布が違うといった意味合いで最初に出てきました. 転移学習は機械学習分野で類似したデータという感じででてきました.2000年中… https://t.co/Qt7TmgJCcq
J-STAGE Articles - 閉鎖空間が人間の生理・心理・行動に及ぼす影響 https://t.co/QKNyDOVsNC
RT @bonohu: 夜遅い時間からですが「bioRxivとは何か?」で話します。 [RE-1] 研究倫理委員会企画・研究倫理フォーラム 「研究成果発表のあるべき姿:オープンサイエンス推進の潮流」 2019年12月3日(火) 18:30 〜 20:00 第12会場 (福岡国際…

フォロワー(371ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)