Behavior in Networks (@hatolabo)

投稿一覧(最新100件)

最近の代表的な研究論文です。 再帰的マルコフ配分:https://t.co/MZlggaUq17 シェア:https://t.co/CNNqKeReIL モビリティ・オークション:https://t.co/pTEJJC6M9I 回遊行動の強化学習:https://t.co/99ikjP8OSq 災害避難モデル:https://t.co/1DRNpc1XzO 超長期土地利用:https://t.co/xqRwCGEnrS
円山さんからの質問にもあったように、避難カルテづくりだけでは分からない事態を予見し、避難率100%を実現するためには、2種類ある無回答バイアスの識別と、丁寧なパラメータリゼーションが不可欠ではとの問題提起がありました。コメント頂き、ありがとうございました。 https://t.co/j3MMrZ3t6x
桑野さん、福田さんからの質問にもあったように、競合と供給の相互メカニズムが、求められる土地所有のパターンが時空間的に摂動していることを明らかにしています。計量都市史研究の確立に向けた嚆矢として、土地利用のマイクロマネジメントの理論的枠組みを示しました。 https://t.co/ktKddj4x9R
昭和2年の白潟大火と6年の末次大火によって「京橋川を浚渫し埋立は中止せん」との慎重論が山陰新聞を中心に展開されたことから水路の防火帯機能が認められた一方で、大火と建物疎開のたびに区画整理が進みつつも舟運を生かした土地利用や雑賀町の近世街区が温存されました。 https://t.co/sGVNEEdm6r
小林里瑳, 羽藤英二, 土地の様相と所有形態の変遷から見る既成市街地の新陳代謝と空間変容 -明治期から昭和期における道後温泉地域を対象に-,都市計画学会論文集, Vol.53(3) , pp.251-258, 2018. がアップされました。 https://t.co/DT8JOl85K5
復興時の公共交通網計画策定に際して,交通需要顕在化率をもとに施策の優先順位を評価する包絡分析法のモデルの改良を図ったものです.Malmquist指数の組み合わせでモデルの動学化を実現しています,使いやすいと思うんで,みんな読んでね.https://t.co/z7u2UwvtNE
大山・羽藤論文 ”多目的最適化に基づく歩行者の活動ネットワークデザイン, 都市計画論文集Vol. 52(3), pp. 810-817, 2017”が出ました. https://t.co/VJLPaVfMFF
大山・羽藤論文,一般化RLモデルを用いた災害時の経路選択行動分析,交通工学論文集Vol. 3, No.5, p. 1-10, 2017. が交通工学に掲載されました. https://t.co/ygFlqwnOOS
吉野大介, 羽藤英二(2016)ゼロサプレス型二分決定グラフを用いたデマンド交通の運行経路の高速列挙手法, 土木学会論文集D3, Vol. 72, No. 5 , pp.1229-1239. が出ました。 https://t.co/V45Z4fPfap

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(0ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1257ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
“マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?――マインドフルネスと能動的攻撃の関連に対する危害/ケアの調整効果” https://t.co/zqm13gtmb5
RT @sandman9791: 論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが…
https://t.co/Rpje8Z1RtF 治安が悪い(文字通りの意味)論文の参考文献に拙著が…この種の研究だと複数キーで結合演算したい場合とかありそうだけど,QGIS未だに複数キーと1対多の演算が苦手なんだよな…ArcGISか処理済みデータを使えばいいだけの話だけど,ライブラリ需要あるのか?
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
RT @inotti_ele: @marxindo 高等教育システムにおける文学部の構造 他の官立大学は,すべて理工系を中心として おり,実学系に偏重していたのである。 近代日本の文学部が国家,社会双方から軽視 されてきた状況は,西欧各国と比較しても異様な在り方だったと言わな…
直近の論文もひたちなか海浜鉄道の延伸絡み https://t.co/ydl4OK4OgG