医学書院「胃と腸」編集室 (@igsitochou)

投稿一覧(最新100件)

松田先生が最後に紹介された論文、こちらかと思います。 ★2013年6月・佐野村論文 「杯状の形態を示しリンパ節転移を来した直腸カルチノイド(NET G1)の1例」 https://t.co/e59YKcoPjI
下部消化管NET・NECの病理診断も復習。 ★2021年3月号・伴論文 https://t.co/JFtli7IOh0
最後にも一度「消化管腫瘍の内視鏡診断2020」。 ★佐野村論文「大腸腫瘍性病変の内視鏡診断—粘膜下腫瘍様病変(良性・悪性)の診断」 https://t.co/nLhyuaCVOw
ふむふむ。 ★2015年9月号・貫論文(江﨑先生もご共著) 「下腸間膜静脈閉塞による虚血性大腸炎の1例」 https://t.co/TprwvdHgNE
腸間膜脂肪織炎、結構症例報告が掲載されていますね。直近の3論文をピックアップします。 ★2011年10月・迎論文 https://t.co/W7xap6NMwe ★2007年11月・宮坂論文 https://t.co/vHLb36ckuJ ★2004年12月号・道傳論文 https://t.co/lQMxH9Dv87
腸間膜脂肪織炎、結構症例報告が掲載されていますね。直近の3論文をピックアップします。 ★2011年10月・迎論文 https://t.co/W7xap6NMwe ★2007年11月・宮坂論文 https://t.co/vHLb36ckuJ ★2004年12月号・道傳論文 https://t.co/lQMxH9Dv87
腸間膜脂肪織炎、結構症例報告が掲載されていますね。直近の3論文をピックアップします。 ★2011年10月・迎論文 https://t.co/W7xap6NMwe ★2007年11月・宮坂論文 https://t.co/vHLb36ckuJ ★2004年12月号・道傳論文 https://t.co/lQMxH9Dv87
ご覧いただきました通り、2021年「胃と腸」賞は ★2021年7月号・川崎論文 「内視鏡完全一括切除可能な大腸T1癌の術前診断—注腸造影の有用性と限界」 https://t.co/Luka7eJ6UR が受賞いたしました。 川崎先生、おめでとうございます!
乳癌の胃転移も忘れず。 ★2022年7月号・荒尾論文 「転移性胃腫瘍の画像診断・形態学的特徴—乳癌胃転移を中心に」 https://t.co/GyB7vI6Ga7
やっぱりここでも「消化管腫瘍の内視鏡診断2020」。 ✓岩上論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—上皮下発育悪性腫瘍の診断(NET,GIST,転移性胃癌)」 https://t.co/oZJpQAS5tl
★島田論文「食道良性腫瘍および腫瘍様病変の診断—食道神経鞘腫」 https://t.co/9PtlqOTr3x はもちろん、1号丸々読み返したいですね
いつも頼りになる「消化管腫瘍の内視鏡診断2020」。 ✓門馬論文「食道腫瘍性病変の内視鏡診断—良性腫瘍(非上皮性腫瘍を含む)の診断」 https://t.co/ekGKAmzl9p
「図説『胃と腸』所見用語集2017」で食道の画像所見を確認。 ★丸山論文「glycogenic acanthosis」 https://t.co/pNDCNn3pVw ★井上論文「上皮乳頭内血管ループ」 https://t.co/xkSec8R5wx
「図説『胃と腸』所見用語集2017」で食道の画像所見を確認。 ★丸山論文「glycogenic acanthosis」 https://t.co/pNDCNn3pVw ★井上論文「上皮乳頭内血管ループ」 https://t.co/xkSec8R5wx
2020年5月号掲載 「スキルス胃癌のX線診断—4型胃癌の年次推移,形態学的・病理組織学的検討」 入口陽介先生、他(東京都がん検診センター) でした。 https://t.co/BWOm1V9CGL どれも素晴らしい論文ばかりですが、本論文も原稿を頂戴した際、あまりの迫力に圧倒されたことを記憶しています
こちらも。 ✓2019年6月号・鎌田論文 「A型胃炎の臨床的特徴と血清学的所見に関する検討」 https://t.co/6GHiIVBnsa
2019年6月号「A型胃炎—最新の知見」には腫瘍合併例の主題論文もあるので要復習。 ✓佐藤論文「A型胃炎を背景とした胃神経内分泌腫瘍(胃NET)の特徴」 https://t.co/kKnJo7a7Zm ✓八板論文「A型胃炎に合併した胃癌症例の特徴」 https://t.co/6qZU1BfmnS
2019年6月号「A型胃炎—最新の知見」には腫瘍合併例の主題論文もあるので要復習。 ✓佐藤論文「A型胃炎を背景とした胃神経内分泌腫瘍(胃NET)の特徴」 https://t.co/kKnJo7a7Zm ✓八板論文「A型胃炎に合併した胃癌症例の特徴」 https://t.co/6qZU1BfmnS
丸山先生のA型胃炎(自己免疫性胃炎)の内視鏡診断、復習。 ✓2021年増刊号「A型胃炎の内視鏡診断」 https://t.co/KZcboF9hfr ✓2019年6月号「A型胃炎の画像所見—通常内視鏡所見を中心に」 https://t.co/RyZS8etHsF
丸山先生のA型胃炎(自己免疫性胃炎)の内視鏡診断、復習。 ✓2021年増刊号「A型胃炎の内視鏡診断」 https://t.co/KZcboF9hfr ✓2019年6月号「A型胃炎の画像所見—通常内視鏡所見を中心に」 https://t.co/RyZS8etHsF
正常胃粘膜の細胞分化は2020年7月号「H. pylori未感染胃の上皮性腫瘍」の九嶋先生の序説で復習。 https://t.co/qKCLHsXcdo
高ガストリン血症は2019年6月号「A型胃炎—最新の知見」春間先生の序説を読み返したいですね。 午後のセッションにもつながりそうです。 https://t.co/1ger90WwQg
2020年3月号中の「アカラシアおよび関連疾患の診断」3論文もぜひ。 ✓栗林論文「HRM(食道内圧検査)の立場から」 https://t.co/Pl8Bvtt26h ✓畑論文「X線の立場から」 https://t.co/1B5SMGjefz ✓南論文「内視鏡の立場から」 https://t.co/Nw37ikVU8b
2020年3月号中の「アカラシアおよび関連疾患の診断」3論文もぜひ。 ✓栗林論文「HRM(食道内圧検査)の立場から」 https://t.co/Pl8Bvtt26h ✓畑論文「X線の立場から」 https://t.co/1B5SMGjefz ✓南論文「内視鏡の立場から」 https://t.co/Nw37ikVU8b
2020年3月号中の「アカラシアおよび関連疾患の診断」3論文もぜひ。 ✓栗林論文「HRM(食道内圧検査)の立場から」 https://t.co/Pl8Bvtt26h ✓畑論文「X線の立場から」 https://t.co/1B5SMGjefz ✓南論文「内視鏡の立場から」 https://t.co/Nw37ikVU8b
「図説「胃と腸」画像診断用語集2022」でのアカラシア関連論文。 ★小山論文「食道アカラシア」 https://t.co/wAIhzP2WDl ★南論文「食道アカラシアの分類」 https://t.co/5rXNCxUjaj
「図説「胃と腸」画像診断用語集2022」でのアカラシア関連論文。 ★小山論文「食道アカラシア」 https://t.co/wAIhzP2WDl ★南論文「食道アカラシアの分類」 https://t.co/5rXNCxUjaj
病理もキッチリ載ってる画像診断用語集。 ✓二村論文「類上皮細胞肉芽腫」 https://t.co/ah0vbbpb8q ✓牛久論文「focally enhanced gastritis」 https://t.co/XjfbOzNC4p
病理もキッチリ載ってる画像診断用語集。 ✓二村論文「類上皮細胞肉芽腫」 https://t.co/ah0vbbpb8q ✓牛久論文「focally enhanced gastritis」 https://t.co/XjfbOzNC4p
2017年6月号・中山先生の「小児の胃潰瘍」でも好酸球性の症例が提示されております! https://t.co/ERC3eOBxrI このあたり、電子ジャーナルのキーワード検索が便利です。 https://t.co/FMiTcoqcsg
猿田先生の論文で「IBD-U」の概念・定義も復習。 ★2022年増刊号「図説『胃と腸』画像診断用語集2022画像診断用語集」 https://t.co/gcY9yZrGGP
基調講演された清水先生には、2011年8月号で小児も含めた「若年者の上部消化管病変」をご執筆いただいきました。 こちらもあわせてぜひ。 https://t.co/G7Gz7AVEhJ
VEO-IBDと言えば、やはり2019年12月号ですね! https://t.co/LymW4aoDAM ★江﨑論文・序説 https://t.co/C5HJza8iRE ★竹内論文「Inborn errors of immunityに起因する消化管病変の臨床的特徴」 https://t.co/eYJ9uOiCTK ★石原論文「遺伝子異常が確認されたVEO-IBD症例」 https://t.co/x0ldosqrHw
VEO-IBDと言えば、やはり2019年12月号ですね! https://t.co/LymW4aoDAM ★江﨑論文・序説 https://t.co/C5HJza8iRE ★竹内論文「Inborn errors of immunityに起因する消化管病変の臨床的特徴」 https://t.co/eYJ9uOiCTK ★石原論文「遺伝子異常が確認されたVEO-IBD症例」 https://t.co/x0ldosqrHw
VEO-IBDと言えば、やはり2019年12月号ですね! https://t.co/LymW4aoDAM ★江﨑論文・序説 https://t.co/C5HJza8iRE ★竹内論文「Inborn errors of immunityに起因する消化管病変の臨床的特徴」 https://t.co/eYJ9uOiCTK ★石原論文「遺伝子異常が確認されたVEO-IBD症例」 https://t.co/x0ldosqrHw
ふむふむ。 ★2017年増刊号・八巻論文 「陰影欠損(schattenminus)」 https://t.co/PDnI36dvZ5
ランドマーク的論文。 2013年9月号・中村論文「空・回腸悪性リンパ腫168例の臨床病理学的特徴―X線・内視鏡所見を中心に」 https://t.co/4cEQSjqegv
NSAIDs潰瘍は前々回の用語集でも取り上げています。 ★蔵原論文「NSAID起因性腸病変」 https://t.co/bd16DtIdK1
今日は臨床消化器病研究会ですね! 一冊丸ごと大腸ポリープの号もありますし、いつもながら佐野村先生の大腸SMT論文も見直したいですね
そういえば先日、10年ぶりくらいにTOEICを受けたんですが、事前の勉強で「Budding」の意味を問う問題が出てきて、増刊号で『簇出』の項目を読んでいたので無事正解することができました
上部消化管の非腫瘍ポリープといえば2021年5月号ですね。 特に食道は症例を集めるのに非常に苦労されておりましたのでぜひ……! ★内視鏡:平澤先生 https://t.co/xhJwNShv9W ★病理:新井先生 https://t.co/fr5M2QAYA9
上部消化管の非腫瘍ポリープといえば2021年5月号ですね。 特に食道は症例を集めるのに非常に苦労されておりましたのでぜひ……! ★内視鏡:平澤先生 https://t.co/xhJwNShv9W ★病理:新井先生 https://t.co/fr5M2QAYA9
やはり2020年増刊号「消化管腫瘍の内視鏡診断2020」に立ち戻ってきますね~ ★岩上論文(大阪国際がんセンター) 『胃上皮下発育悪性腫瘍の診断(NET,GIST,転移性胃癌)』 https://t.co/oZJpQB98vl
まさにご司会の佐野村先生に、 2020年増刊号で「大腸粘膜下腫瘍様病変(良性・悪性)の診断」をご執筆いただいております。 https://t.co/nLhyuaTYQw
#胃と腸 「画像診断用語集」は約200項目(!)あるので個別に全部紹介できないのですが、東先生・平澤先生の「画像強調内視鏡観察(IEE)」は非常に知識が整理できます。 言われてみればこれもIEEか!という発見も。 私はいつもIEE=狭帯域ととらえてしまいがちです
(Kです……ここだけの話、実は #胃と腸 画像診断用語集2022は、目次だけでなく「索引」もPDFが無料公開になっています……より具体的に内容のイメージがつかめるとおもうので、気になる先生は医書.jpのページをご覧ください……!) ★目次 https://t.co/zIKuNC58zG ★索引 https://t.co/O0SwTq29Bl
(Kです……ここだけの話、実は #胃と腸 画像診断用語集2022は、目次だけでなく「索引」もPDFが無料公開になっています……より具体的に内容のイメージがつかめるとおもうので、気になる先生は医書.jpのページをご覧ください……!) ★目次 https://t.co/zIKuNC58zG ★索引 https://t.co/O0SwTq29Bl
2015年11月号「胃底腺型胃癌」もチェック! ★大原論文「胃底腺型胃癌の臨床的特徴─内視鏡所見を中心に」 ※多発例の記載あり https://t.co/KQ5JArD8Fa ★中川論文「胃底腺型胃癌の臨床的特徴─内視鏡所見を中心に」 ※黒色点(black spots)の記載あり https://t.co/sD6gg44gw7
2015年11月号「胃底腺型胃癌」もチェック! ★大原論文「胃底腺型胃癌の臨床的特徴─内視鏡所見を中心に」 ※多発例の記載あり https://t.co/KQ5JArD8Fa ★中川論文「胃底腺型胃癌の臨床的特徴─内視鏡所見を中心に」 ※黒色点(black spots)の記載あり https://t.co/sD6gg44gw7
胃底腺型の復習はまず2021年9月号を……! ★八尾論文「胃底腺粘膜に発生する腫瘍の組織分類の新展開—胃底腺粘膜に発生する腫瘍の病理学」 https://t.co/bJzshhItjH ★上山論文「胃底腺粘膜に発生する腫瘍の組織分類の新展開—胃底腺粘膜に発生する腫瘍の内視鏡診断」 https://t.co/dciPRnqHIN
胃底腺型の復習はまず2021年9月号を……! ★八尾論文「胃底腺粘膜に発生する腫瘍の組織分類の新展開—胃底腺粘膜に発生する腫瘍の病理学」 https://t.co/bJzshhItjH ★上山論文「胃底腺粘膜に発生する腫瘍の組織分類の新展開—胃底腺粘膜に発生する腫瘍の内視鏡診断」 https://t.co/dciPRnqHIN
やっぱり「消化管腫瘍の内視鏡診断2020」は頼りになります。 ★岩上論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—上皮下発育悪性腫瘍の診断(NET,GIST,転移性胃癌)」 https://t.co/oZJpQAS5tl ★小野論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—リンパ増殖性疾患の診断」 https://t.co/N3Xh8nAQym
やっぱり「消化管腫瘍の内視鏡診断2020」は頼りになります。 ★岩上論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—上皮下発育悪性腫瘍の診断(NET,GIST,転移性胃癌)」 https://t.co/oZJpQAS5tl ★小野論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—リンパ増殖性疾患の診断」 https://t.co/N3Xh8nAQym
【参考】 ★2005年3月号 友利論文「著明な発赤と特異な血管パターンを呈しadenoid cystic componentを伴ったbasaloid squamous cell carcinomaの1例」 https://t.co/MW2zzKfWgu
ACC関連 ★2019年9月号 草深論文「食道原発腺様囊胞癌」 https://t.co/r0xjqyGp77 ★2011年増刊号 小田論文「食道表在型腺様囊胞癌の1例」 https://t.co/PfeJhMX913
ACC関連 ★2019年9月号 草深論文「食道原発腺様囊胞癌」 https://t.co/r0xjqyGp77 ★2011年増刊号 小田論文「食道表在型腺様囊胞癌の1例」 https://t.co/PfeJhMX913
図説「胃と腸」所見用語集2017より ★井上論文「上皮乳頭内血管ループ」 https://t.co/xkSec8R5wx ★小山論文「日本食道学会拡大内視鏡分類」 https://t.co/cfkwxk4z9L
図説「胃と腸」所見用語集2017より ★井上論文「上皮乳頭内血管ループ」 https://t.co/xkSec8R5wx ★小山論文「日本食道学会拡大内視鏡分類」 https://t.co/cfkwxk4z9L
食道GCT関連 ★2020年3月号 高橋論文「食道良性腫瘍および腫瘍様病変の診断—顆粒細胞腫」 https://t.co/J3UMqi7l6z ★2017年増刊号 高木論文「顆粒細胞腫」 https://t.co/8KqAtyzNjJ
食道GCT関連 ★2020年3月号 高橋論文「食道良性腫瘍および腫瘍様病変の診断—顆粒細胞腫」 https://t.co/J3UMqi7l6z ★2017年増刊号 高木論文「顆粒細胞腫」 https://t.co/8KqAtyzNjJ
食道の側面変形関連 ★2019年増刊号 小田論文「側面変形分類(X線診断)」 https://t.co/FVq9xnSIWc ★2017年増刊号 入口論文「側面変形」※全消化管の論文です https://t.co/WmygpPvySZ ★2012年増刊号 高木論文「側面変形」 https://t.co/ysmkwPHKrm
食道の側面変形関連 ★2019年増刊号 小田論文「側面変形分類(X線診断)」 https://t.co/FVq9xnSIWc ★2017年増刊号 入口論文「側面変形」※全消化管の論文です https://t.co/WmygpPvySZ ★2012年増刊号 高木論文「側面変形」 https://t.co/ysmkwPHKrm
食道の側面変形関連 ★2019年増刊号 小田論文「側面変形分類(X線診断)」 https://t.co/FVq9xnSIWc ★2017年増刊号 入口論文「側面変形」※全消化管の論文です https://t.co/WmygpPvySZ ★2012年増刊号 高木論文「側面変形」 https://t.co/ysmkwPHKrm
図説「胃と腸」所見用語集2017より(両方、胃の論文です) ★入口論文「ニッシェ(正面,側面)」 https://t.co/NB1yQJ6VEE ★細川論文「彎入、透亮像」 https://t.co/4CkQqsaLbf
図説「胃と腸」所見用語集2017より(両方、胃の論文です) ★入口論文「ニッシェ(正面,側面)」 https://t.co/NB1yQJ6VEE ★細川論文「彎入、透亮像」 https://t.co/4CkQqsaLbf
鋸歯状病変なら、まずは2020年12月号を! ★大腸鋸歯状病変の新展開 https://t.co/VPRMkoFUqd NCCH・橋本先生らのSuSA論文もあります! https://t.co/cV8Imgj9QK
「松毬(まつかさ)様」は十二指腸でも聞いたことがありました! ★2020年増刊号 鳥谷論文「十二指腸腫瘍性病変の内視鏡診断—上皮性腫瘍の診断の進め方(SNADETsについて)」 https://t.co/U37tBmstgw
松田先生、ありがとうございます! 私みたいな素人が実務を知る上でもとても勉強になる論文です。 松下論文「大腸T1癌内視鏡的切除標本の正しい取り扱いと病理組織診断—内視鏡的切除標本の臨床的取り扱い」 https://t.co/8QRFoy1bmf
放射性腸炎関連(上二つは小腸) ★51巻13号 大森論文「放射線性小腸炎」 https://t.co/nZcv8sRd0f ★43巻4号 青木論文「放射線性腸炎」 https://t.co/a0fKRTfXSU ★40巻4号 趙論文「放射線照射性腸炎」 https://t.co/sxcSCqhM0K
放射性腸炎関連(上二つは小腸) ★51巻13号 大森論文「放射線性小腸炎」 https://t.co/nZcv8sRd0f ★43巻4号 青木論文「放射線性腸炎」 https://t.co/a0fKRTfXSU ★40巻4号 趙論文「放射線照射性腸炎」 https://t.co/sxcSCqhM0K
放射性腸炎関連(上二つは小腸) ★51巻13号 大森論文「放射線性小腸炎」 https://t.co/nZcv8sRd0f ★43巻4号 青木論文「放射線性腸炎」 https://t.co/a0fKRTfXSU ★40巻4号 趙論文「放射線照射性腸炎」 https://t.co/sxcSCqhM0K
拡大分類は何度も何度も復習φ(..)φ(..)φ(..) ★2019年増刊号 田中論文「JNET分類(大腸腫瘍NBI拡大所見分類)」 https://t.co/mxbosSnzHE ★2019年増刊号 山野論文「工藤・鶴田分類」 https://t.co/N4QTV5cjpo ★2017年増刊号 前山論文「pit pattern分類」
拡大分類は何度も何度も復習φ(..)φ(..)φ(..) ★2019年増刊号 田中論文「JNET分類(大腸腫瘍NBI拡大所見分類)」 https://t.co/mxbosSnzHE ★2019年増刊号 山野論文「工藤・鶴田分類」 https://t.co/N4QTV5cjpo ★2017年増刊号 前山論文「pit pattern分類」
★2012年増刊号 木村論文「DR(desmoplastic reaction)」 https://t.co/TpHi6eLf8v
拡大分類の復習φ(..) ★2019年増刊号 田中論文「JNET分類(大腸腫瘍NBI拡大所見分類)」 https://t.co/mxbosS5qtw ★2019年増刊号 山野論文「工藤・鶴田分類」 https://t.co/N4QTV4Uabg ★2017年増刊号 前山論文「pit pattern分類」 https://t.co/mCV9UmK9sD
拡大分類の復習φ(..) ★2019年増刊号 田中論文「JNET分類(大腸腫瘍NBI拡大所見分類)」 https://t.co/mxbosS5qtw ★2019年増刊号 山野論文「工藤・鶴田分類」 https://t.co/N4QTV4Uabg ★2017年増刊号 前山論文「pit pattern分類」 https://t.co/mCV9UmK9sD
拡大分類の復習φ(..) ★2019年増刊号 田中論文「JNET分類(大腸腫瘍NBI拡大所見分類)」 https://t.co/mxbosS5qtw ★2019年増刊号 山野論文「工藤・鶴田分類」 https://t.co/N4QTV4Uabg ★2017年増刊号 前山論文「pit pattern分類」 https://t.co/mCV9UmK9sD
大腸でもSCCあるんですね…… ★2016年3月号「知っておきたいまれな大腸悪性腫瘍」 吉田論文『【主題症例】扁平上皮癌』 https://t.co/QdQnexUJYV
★2020年増刊号 佐野村論文「大腸腫瘍性病変の内視鏡診断—粘膜下腫瘍様病変(良性・悪性)の診断」 https://t.co/nLhyuaTYQw
本当にこの増刊号はものすごい情報量なんです…… ★消化管腫瘍の内視鏡診断2020 梅野論文「ポリポーシス症候群の診断」 https://t.co/a2zZtpu08W
ほほ…… ★2015年5月号 宮永論文「腫瘍性疾患:グロームス腫瘍」 https://t.co/slhQVfKzlH ★2011年8月号 北村論文「胃glomus腫瘍の1例」 https://t.co/TYh6viYPEy
ほほ…… ★2015年5月号 宮永論文「腫瘍性疾患:グロームス腫瘍」 https://t.co/slhQVfKzlH ★2011年8月号 北村論文「胃glomus腫瘍の1例」 https://t.co/TYh6viYPEy
2017年増刊号 ★入口論文「ひだ集中」 https://t.co/fLRoqSAPVt ★田中論文「蚕食像,ひだの中断・先細り・肥大・融合・接合・周堤」 https://t.co/sNx6qbbjJN
2017年増刊号 ★入口論文「ひだ集中」 https://t.co/fLRoqSAPVt ★田中論文「蚕食像,ひだの中断・先細り・肥大・融合・接合・周堤」 https://t.co/sNx6qbbjJN
2017年増刊号 ★根本論文「hyperkeratosis,hyperparakeratosis」 https://t.co/iNtqVaaF4X ★新井論文「管状,乳頭状,絨毛状,鋸歯状」 https://t.co/UgWXLfnmOB
2017年増刊号 ★根本論文「hyperkeratosis,hyperparakeratosis」 https://t.co/iNtqVaaF4X ★新井論文「管状,乳頭状,絨毛状,鋸歯状」 https://t.co/UgWXLfnmOB
食道の非上皮性腫瘍といえばやはりこちらを! ★2020年増刊号 門馬論文「食道腫瘍性病変の内視鏡診断—良性腫瘍(非上皮性腫瘍を含む)の診断」 https://t.co/ekGKAmQobp
2017年増刊号 佐野村論文「顆粒状,結節状」 https://t.co/pjLwQ1hR5I
本日、関東は雪で、担当Uの自宅周辺でも少々積もっていました。 2014年11月号では、長廻先生が『アナと雪の女王』になぞらえて内視鏡ならびに診断学について熱く語っています。  「見る」の究極は「見えないものを見る」である。 という言葉がズシンと響きました(U) https://t.co/VZiku2WUts https://t.co/bRdbMKpZ6R
内視鏡スコアのMESとUCEISには MES…検者の主観が入りやすい UCEIS…細分化されているが習熟を要する という課題があるようです https://t.co/h5I6cFyLss https://t.co/IgbrsJyLt5 #胃と腸 2月号の長沼論文は同一スコアながら内視鏡像に差がある症例を紹介しています(T) https://t.co/Gg9kfAWAUl
内視鏡スコアのMESとUCEISには MES…検者の主観が入りやすい UCEIS…細分化されているが習熟を要する という課題があるようです https://t.co/h5I6cFyLss https://t.co/IgbrsJyLt5 #胃と腸 2月号の長沼論文は同一スコアながら内視鏡像に差がある症例を紹介しています(T) https://t.co/Gg9kfAWAUl
胃のSMT含む上皮下発育腫瘍は「消化管腫瘍の内視鏡診断2020」のこちらも。 岩上論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—上皮下発育悪性腫瘍の診断(NET,GIST,転移性胃癌)」 https://t.co/oZJpQAS5tl 小野論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—リンパ増殖性疾患の診断」 https://t.co/N3Xh8nAQym
胃のSMT含む上皮下発育腫瘍は「消化管腫瘍の内視鏡診断2020」のこちらも。 岩上論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—上皮下発育悪性腫瘍の診断(NET,GIST,転移性胃癌)」 https://t.co/oZJpQAS5tl 小野論文「胃腫瘍性病変の内視鏡診断—リンパ増殖性疾患の診断」 https://t.co/N3Xh8nAQym
図説「胃と腸」所見用語集2017より。 ★高木論文「黄色腫(xanthoma)」 ※咽頭・食道の論文です。 https://t.co/gBqjcApp96 ★上堂論文「light blue crest」 https://t.co/1cWNE9omdl
図説「胃と腸」所見用語集2017より。 ★高木論文「黄色腫(xanthoma)」 ※咽頭・食道の論文です。 https://t.co/gBqjcApp96 ★上堂論文「light blue crest」 https://t.co/1cWNE9omdl
★2021年9月号 菅井論文「胃腺窩上皮型腫瘍における臨床病理および分子異常」 https://t.co/UiLOlgwUH7 柴垣論文「腺窩上皮型胃腫瘍の内視鏡診断」 https://t.co/nXCcnTWgSr ★2020年7月号 中沢論文「H. pylori未感染胃上皮性腫瘍の内視鏡的特徴—胃型腺腫(幽門腺腺腫)」 https://t.co/EUsQDk4ChF
★2021年9月号 菅井論文「胃腺窩上皮型腫瘍における臨床病理および分子異常」 https://t.co/UiLOlgwUH7 柴垣論文「腺窩上皮型胃腫瘍の内視鏡診断」 https://t.co/nXCcnTWgSr ★2020年7月号 中沢論文「H. pylori未感染胃上皮性腫瘍の内視鏡的特徴—胃型腺腫(幽門腺腺腫)」 https://t.co/EUsQDk4ChF
★2021年9月号 菅井論文「胃腺窩上皮型腫瘍における臨床病理および分子異常」 https://t.co/UiLOlgwUH7 柴垣論文「腺窩上皮型胃腫瘍の内視鏡診断」 https://t.co/nXCcnTWgSr ★2020年7月号 中沢論文「H. pylori未感染胃上皮性腫瘍の内視鏡的特徴—胃型腺腫(幽門腺腺腫)」 https://t.co/EUsQDk4ChF
「図説『胃と腸』所見用語集2017」より。 ★八木論文「white zone」 https://t.co/P98fF2pOlK ★末廣論文「腸上皮化生」 https://t.co/jsU8T7KHco ★榊論文「胃粘膜萎縮の内視鏡所見」 https://t.co/5yXjXN8qir

2 0 0 0 white zone

「図説『胃と腸』所見用語集2017」より。 ★八木論文「white zone」 https://t.co/P98fF2pOlK ★末廣論文「腸上皮化生」 https://t.co/jsU8T7KHco ★榊論文「胃粘膜萎縮の内視鏡所見」 https://t.co/5yXjXN8qir

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(73ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1135ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)