治部れんげ (@rengejibu)

投稿一覧(最新100件)

RT @suikyo_1221: @rengejibu 昨日はありがとうございました!ちょっと話題に出たエッセイはこちらです。円城塔氏。/ “CiNii 論文 - ポスドクからポストポスドクへ” http://t.co/5OS7TYOQ
色々お話できて楽しかったです!エッセイ拝読しました。 続きます RT @suikyo_1221 昨日はありがとうございました!ちょっと話題に出たエッセイはこちらです。円城塔氏。/ “CiNii 論文 - ポスドクからポストポスドクへ” http://t.co/rGAi89qw

お気に入り一覧(最新100件)

@rengejibu 昨日はありがとうございました!ちょっと話題に出たエッセイはこちらです。円城塔氏。/ “CiNii 論文 - ポスドクからポストポスドクへ” http://t.co/5OS7TYOQ

フォロー(529ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

ナロンエース 血清クロール上昇 @k1h: 日本でなぜ用いられているか理解に苦しむ、という専門家 市販鎮痛剤常用量の服用による慢性ブロム中毒の1例 https://t.co/wxCIW3RpFU
日本でなぜ用いられているか理解に苦しむ、という専門家 市販鎮痛剤常用量の服用による慢性ブロム中毒の1例 https://t.co/wxCIW3RpFU
通勤読書。 土谷幸久(2009) 「パラダイム2について:Checkland型システム思考の考察」 四天王寺大学紀要 49 https://t.co/Ob4gl6aSSV
G. Vickersについて。 / “土谷幸久(2009)「パラダイム2について:Checkland型システム思考の考察」 四天王寺大学紀要 49 - CiNii論文” https://t.co/Ob4gl6aSSV #trust
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @y_mizuno: 確か、山崎敏光先生もワーグナーにお詳しかったのでは?これはご本人ですよね。「バイロイト音楽祭レポ-ト<1997年>音楽への感動と演出 (ヨ-ロッパのワ-グナ-公演情報1997)」山崎敏光 https://t.co/B4y5nkuPTS https:/…

フォロワー(8253ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

ナロンエース 血清クロール上昇 @k1h: 日本でなぜ用いられているか理解に苦しむ、という専門家 市販鎮痛剤常用量の服用による慢性ブロム中毒の1例 https://t.co/wxCIW3RpFU
日本でなぜ用いられているか理解に苦しむ、という専門家 市販鎮痛剤常用量の服用による慢性ブロム中毒の1例 https://t.co/wxCIW3RpFU
保湿剤の効果に及ぼす塗布量および塗布回数の検討 https://t.co/kFB4UlBnb4 保湿剤は1日1回より2回のほうが効果的だということが「示唆された」とりあえず2回塗れたらまあなんとかなる、という解釈かしら
RT @kokikokiya: 3.4 福島原発事故起源ストロンチウム90の分析 一般に,土壌試料には安 定Srが 多 量 に 含 ま れ る た め, 多 く の 試 料 が90Sr/88Sr比で10-9を下回ると考えられる https://t.co/A1tbkVFh42
RT @kokikokiya: 事故由来の239,240Pu降下量(土壌コア試料) https://t.co/kG0c9kPoSt 遥かに少ない蓄積量 これは今回の試料が公共施設のグラウンドや水田畑地等の土壌の入れ替えなど表層攪乱が起きている可能性が高いエリアから10 cm深さ…
RT @ituki0309: なんと!今気づいた!出てるじゃん! https://t.co/B2AZAwEguH
通勤読書。 土谷幸久(2009) 「パラダイム2について:Checkland型システム思考の考察」 四天王寺大学紀要 49 https://t.co/Ob4gl6aSSV
G. Vickersについて。 / “土谷幸久(2009)「パラダイム2について:Checkland型システム思考の考察」 四天王寺大学紀要 49 - CiNii論文” https://t.co/Ob4gl6aSSV #trust
RT @Takeridon: 高野清弘による田中浩ほか訳/ホッブズ『法の原理』(岩波文庫 2016)の書評が紀要に掲載されている。この訳文の経緯が事実とすればスキャンダラスであり、この誤訳の指摘が正しければエディターシップの崩壊である。 https://t.co/5EGOmsR…
RT @okanori75: 2011年、放影研論文。3km以遠の遠距離被爆者49人の臼歯をESR法により被曝線量推定。 Electron Spin Resonance Analysis of Tooth Enamel Does Not Indicate .. https:/…
RT @Behind_the_Days: 茨城県東海村(福島第一原発から南約115 km )で2011年3月~2012年9月に採取された降下じんの放射性物質濃度の推移、永岡ほか、保健物理 https://t.co/bWTxnnBU6H https://t.co/q1vr9tMG…
RT @numagasa: さっきの「々」に関して『日本語における畳語複数形の生成可能性について』(https://t.co/TN3RzdD9ZC)という言語学の論文があった。私も「使用範囲が非常に限定されている」のが面白いと思う。たしかに「魚魚(うおうお)」とか「鳥鳥(とりど…
医療用直線加速器使用室における中性子遮蔽の実施例とその評価 https://t.co/RRS4qs44GY 「安全のため迷路による減少は無視し,遮蔽予定位置での週あたり中性子線量当量の値を100μSvとした」「管理区域境界の法定基準は300μSv/週 であるが」 は??????
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @shiinama: 白旗希実子・佐藤直由「アメリカにおける介護職の研修制度」 https://t.co/laEe5zhCWM アメリカで、介護職の研修制度に関する規制が連邦政府レベルでつくられたけど、その内実は州政府や施設経営者の方針に左右されてしまうもので、専門職育成…
RT @shiinama: 森川美絵(2009)「介護人材の確保育成策─諸外国の経験から─ 」https://t.co/IB2ydAt2RI フィンランド、ドイツ、アメリカにおける介護職の労働環境の現況、介護人材の確保育成策についての概説。3カ国の比較は福祉レジーム論を踏まえて…
RT @goeland_argente: 書評「開沼博著『「フクシマ」論――原子力ムラはなぜ生まれたのか』」 https://t.co/fHDVOD4dzl 金菱清先生による書評。社会学者は他の社会学者を批判しないと思っている人がいるようだけど、ツィッタランドではなく学術誌では…
RT @inotti_ele: 英国のソーシャルワークの現在の特徴 大学(大学院)と大学外の二元的システム https://t.co/yF9AijGxQf リーズナブル・バランス イギリスにおける社会福祉のマンパワー計画と福祉教育・訓練の動向―70年代中葉の状況― https:…
RT @shiinama: 森川美絵(2009)「介護人材の確保育成策─諸外国の経験から─ 」https://t.co/IB2ydAt2RI フィンランド、ドイツ、アメリカにおける介護職の労働環境の現況、介護人材の確保育成策についての概説。3カ国の比較は福祉レジーム論を踏まえて…