ムロヤ (@rmuroya)

投稿一覧(最新100件)

特集論文 / 招待査読論文 バースト現象における拡散の定量分析 ― ツイッターデモはどう広がったか ― 鳥海 不二夫 J-STAGE Articles - バースト現象における拡散の定量分析 https://t.co/qDVGuL09Jg
学習科学の起源と展開 https://t.co/6EdmHl1E9A
メモ 科学と疑似科学を分ける 2 つの基準 https://t.co/xASbIIiGU3
RT @tksakaki: 以前朝日新聞で取り上げていただいた研究が、人工知能学会の速報論文(査読あり)として公開されましたー。 @toritorix 先生、 @ceekz 先生との共著です。 作業は皆で仲良く?分担しました。 #コレスポアピール https://t.co…
RT @ayano_igarashii: 今日のテーマは消費者行動論! 私が読んだのは日本人女性の服の消費について
「実証分析のファインディングスは,期中生産は不良在 庫の削減に貢献する一方,期中企画は,小売段階を外部 化した状況でそれを実施すると在庫水準が悪化する,と いうことである。」 生産・企画の延期と在庫パフォーマンス ― アパレル業界を対象とした実証分析 ― https://t.co/TjZgPDiO5t https://t.co/KPIuFEJ2Iv
感動『喚起』のメカニズムについて https://t.co/EtSZMFv2jX

お気に入り一覧(最新100件)

以前朝日新聞で取り上げていただいた研究が、人工知能学会の速報論文(査読あり)として公開されましたー。 @toritorix 先生、 @ceekz 先生との共著です。 作業は皆で仲良く?分担しました。 #コレスポアピール https://t.co/XcSoBPfrOt https://t.co/hPPPcQrqgF
今日のテーマは消費者行動論! 私が読んだのは日本人女性の服の消費について
これ面白そう。 「対象者の人数と人間関係に制約のない移動履歴とSNSアカウントの照合」 https://t.co/ZEzo1S5H9T

フォロー(1156ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

屈折は日本特有の概念のようで英語でピタリと来るものがない。日本語文献を読むと甘えの一形態として位置づけたものがある。端的に言えば構ってほしい感だろうか。好きな子に意地悪する小学生的なあれだろうか。chrome-extension://oemmndcbldboiebfnladdacbdfmadadm/https://t.co/0n4H7fLCZ5

フォロワー(15095ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @oshio_at: 早期公開されました ↓ J-STAGE Articles - パーソナリティ特性語の望ましさの時代変化 https://t.co/pusfe7wamn
人間が嗜好するアルコールは「エタノール」ですが、酵母以外にエタノールを生成する微生物についてはこちらのコラムをどうぞ。有名なのはテキーラ製造にかかわるザイモモナスという菌ですが、これが唯一酵母と同程度のエタノールを生成する菌だそうです。 4/n https://t.co/QtETB7NzMi
RT @nakazonolab: 経営・組織論研究における歴史的転回特集号の巻頭論文 J-STAGE Articles - 経営・組織論研究における歴史的転回:その軌跡と針路 https://t.co/Bwj2Sm4Lp1
脳神経倫理 一 脳科学 と社会の 健全 な 関係 をめ ざ し て 一 Neuroethicsー佐倉 統 ◎ 東京大 学大 学院情報学環科学技術振 興機構 社会技術研 究開発セ ンタ ー 理化学研究所 脳科学総合研究セ ンター 福 士 珠美 ◎科学 技術振興機構 社会技術研 究開発セ ン タ ー https://t.co/l2f9j3H35S
特別寄稿 AI/IoT時代のプライバシー・個人情報保護の新課題 堀部 政男 https://t.co/Edkode3vj4
生体認証と改正個人情報保護法をめぐる動き https://t.co/id434qvmBd 個人情報保護とバイオメトリクス https://t.co/0OAa9pAbQg
RT @nakazonolab: 経営・組織論研究における歴史的転回特集号の巻頭論文 J-STAGE Articles - 経営・組織論研究における歴史的転回:その軌跡と針路 https://t.co/Bwj2Sm4Lp1
@koubaitori_2 @OYE7qPvtC4RlzgN @Roanne_banana 情報法研究室 https://t.co/2srS7Bxdql
RT @nakazonolab: 招待査読論文にて、論文の取り下げ。書籍からの自己剽窃および二重投稿という判断。 J-STAGE Articles - 取り下げ:ビジネスモデル・イノベーションの新たな視点 https://t.co/e3IqOoL2pp
RT @nakazonolab: 不祥事をきっかけとしたビジネスモデル転換。オープンイノベーションでもそうで危機は変化対応の端緒のひとつですよね。ただ、危機は(ある程度)意図的に演出できるけれど、不祥事はそうじゃない。 インターナルブランディングをテコとした不祥事からのビジネ…
RT @takehikohayashi: 良記事。_Morgan and Winship (2014)を踏まえた_社会学における量的分析の議論に関心がある方には強くオススメ J-STAGE Articles - 教育社会学における因果推論 https://t.co/1GxbC…
RT @nakazonolab: 招待査読論文にて、論文の取り下げ。書籍からの自己剽窃および二重投稿という判断。 J-STAGE Articles - 取り下げ:ビジネスモデル・イノベーションの新たな視点 https://t.co/e3IqOoL2pp
RT @nakazonolab: 不祥事をきっかけとしたビジネスモデル転換。オープンイノベーションでもそうで危機は変化対応の端緒のひとつですよね。ただ、危機は(ある程度)意図的に演出できるけれど、不祥事はそうじゃない。 インターナルブランディングをテコとした不祥事からのビジネ…
@koubaitori_2 @OYE7qPvtC4RlzgN @Roanne_banana 生体認証と改正個人情報保護法をめぐる動き https://t.co/id434qvmBd 個人情報保護とバイオメトリクス https://t.co/0OAa9pAbQg
たまたま読んだ論文。 その科学性と倫理性というテーマでここビンビンくるね。 「科学性の高い研究手法を人間を対象として行う場合、その研究の倫理性が問われる。倫理性を高めれば高めるほど、その研究は科学性をそこなうことになる傾向がでてくるものである」 https://t.co/i97crHukTz