榊原小平太康政 (@sakaki_koheita)

投稿一覧(最新100件)

8 1 1 0 OA 名将言行録

常に手を砕き、自ら戦て功を遂ることを欲せず、持重にして謀を好み、付属の士は申すに及ばず、自分の従者を磨励して其功を建さしむ、故に当時、人稱して長者と曰う。【名将言行録・大須賀康高】 https://t.co/sb9kOey5dU #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政人となり、寛厚にして雅量あり、生平謙恭にして人を罪せず、士皆愛附し、之が用を為すを楽しめり。【名将言行録】 https://t.co/t0523r6TTa #skbot
他の味方皆破れ家康辛うじて浜松城にのがるるに至るや、康政小高きところに旗押し立て、敗軍の味方をあつめて静かに退けり。大敗北に殿して旗を立つるは、勝利に乗じて一城を屠るよりも難くこそあれ。【贈位功臣言行録】 https://t.co/nFVKxH8WUy #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政幼にして沈静学を好み、書を大樹寺に読み筆跡を善くせり。又善く兵を用い、常に軍に従ひ、先鋒を領とし、戦ふ毎に寡を以て衆に克つ。愛するところの鎌槍を笹切とつけ執て以て血闘し、身完膚なしと云う。【名将言行録】 https://t.co/dr5nWE8Pkf #skbot

3 1 0 0 OA 家康教訓録

人間は覚悟が大事なりて、善悪はみな己の覚悟ひとつにあり。覚悟する時は武道も立ち、覚悟せざる時は人の道をも失ふ。【家康教訓録】 https://t.co/k39Ppv1QeW #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

三方ヶ原の役、我軍敗走す康政浜松城へは入らず、戦場よりすぐに東のほう西島へ退く。是は敵城を攻めば、不意に後援して忠死すべしと欲してなり。然れども敵直ぐに攻ることなきに依て、夜中僅の郎従を引具し、武田勝頼が従兵の陣を襲ふ https://t.co/STCodArSnN #skbot
小平太康政の勇は人の熟く知る所なり、かれが智は知らざる人やあらむ。嗚呼勢田の新関は豊臣氏の覇権を止めて路傍の人にも徳川氏を謳歌せしめたるが如し。英雄の功を弄するや人意の他に出づ。【徳川武士銘々伝・榊原康政】 https://t.co/kmEJaBUcwz #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政天下に七功徳ありとぞ、殉死を禁ぜしは、其一なりとかや。【名将言行録】 https://t.co/s4qIZH9J2i #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政曰く、我直政に先達て死なば必ず直政も病に染まん、直政我より先立たば、我死遠かるまじ。大御所の御心中を知るものは、直政と我計りなり。両人がことも大御所能く御存知なれども、御口外に出し給わず。誠の名君なり。【名将言行録】… https://t.co/PYTmoKnopN

8 1 1 0 OA 名将言行録

家康、或陣に甲州衆の中より斥候に遣わす。康政其斥候の士に向ひ、心得あるか、斯の如き斥候には、心得なくては叶わざるものと言ふ。斥候の士、委細心得候とて見て帰る。【名将言行録】 https://t.co/wcpZMlBUuE #skbot
他の味方皆破れ家康辛うじて浜松城にのがるるに至るや、康政小高きところに旗押し立て、敗軍の味方をあつめて静かに退けり。大敗北に殿して旗を立つるは、勝利に乗じて一城を屠るよりも難くこそあれ。【贈位功臣言行録】 https://t.co/nFVKxH8WUy #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

(関ヶ原遅参の謝罪の後) 中納言殿みずから御筆を染められ、康政が此の度の心ざし、わが家のあらん限りは子々孫々に至るまで、忘るる事あるまじき由の御書を給わりしとぞ聞こえたる。【藩翰譜】 https://t.co/CQXPC8QGqA #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/5Ts9Mqpwwk #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

康政と忠勝とは、同年にて同地に、ひととなりしかば、幼きより互いに親しかりしゆえ、常にはかかる事をも、いい争いけるとなり。【藩翰譜】 https://t.co/DfVx2agk9e #skbot
忠次は本多平八郎忠勝に似たる豪雄に非ず、榊原康政の如く身に七十創を蒙むりし曹参の武勇にも非ず、井伊直政が如き勇将の器に非ず、一言に約すれば沈勇にして謀略に富し者なり【徳川武士銘々伝・酒井忠次】 https://t.co/wflmb3LvZM #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot

3 1 0 0 OA 家康教訓録

人間は覚悟が大事なりて、善悪はみな己の覚悟ひとつにあり。覚悟する時は武道も立ち、覚悟せざる時は人の道をも失ふ。【家康教訓録】 https://t.co/k39Ppv1QeW #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政人となり、寛厚にして雅量あり、生平謙恭にして人を罪せず、士皆愛附し、之が用を為すを楽しめり。【名将言行録】 https://t.co/t0523r6TTa #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政幼にして沈静学を好み、書を大樹寺に読み筆跡を善くせり。又善く兵を用い、常に軍に従ひ、先鋒を領とし、戦ふ毎に寡を以て衆に克つ。愛するところの鎌槍を笹切とつけ執て以て血闘し、身完膚なしと云う。【名将言行録】 https://t.co/dr5nWE8Pkf #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

康政と忠勝とは、同年にて同地に、ひととなりしかば、幼きより互いに親しかりしゆえ、常にはかかる事をも、いい争いけるとなり。【藩翰譜】 https://t.co/DfVx2agk9e #skbot
遠路御礼本望之至候仍家康江 御帷子被進之候一段祝着被存候 能々相心得可申入旨候再拙者方江 御帷子贈給之毎度御懇意之儀共 難申尽候然者当御陣之様子御 望之由候之間雖可被聞召及候【小田原状・加藤主計頭清正殿への書簡冒頭】 https://t.co/gJZOcs8llZ #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

常に手を砕き、自ら戦て功を遂ることを欲せず、持重にして謀を好み、付属の士は申すに及ばず、自分の従者を磨励して其功を建さしむ、故に当時、人稱して長者と曰う。【名将言行録・大須賀康高】 https://t.co/sb9kOey5dU #skbot
遠路御礼本望之至候仍家康江 御帷子被進之候一段祝着被存候 能々相心得可申入旨候再拙者方江 御帷子贈給之毎度御懇意之儀共 難申尽候然者当御陣之様子御 望之由候之間雖可被聞召及候【小田原状・加藤主計頭清正殿への書簡冒頭】 https://t.co/gJZOcs8llZ #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

常に手を砕き、自ら戦て功を遂ることを欲せず、持重にして謀を好み、付属の士は申すに及ばず、自分の従者を磨励して其功を建さしむ、故に当時、人稱して長者と曰う。【名将言行録・大須賀康高】 https://t.co/sb9kOey5dU #skbot
小平太康政の勇は人の熟く知る所なり、かれが智は知らざる人やあらむ。嗚呼勢田の新関は豊臣氏の覇権を止めて路傍の人にも徳川氏を謳歌せしめたるが如し。英雄の功を弄するや人意の他に出づ。【徳川武士銘々伝・榊原康政】 https://t.co/kmEJaBUcwz #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

晩年恬退自ら守る時に本多正信、政を執り権内外を傾く、康政曰く大臣権を争うは国家の利にあらず、天下既に定まり復た力を効すことなしと言ひ、是と抗せず。議する者其器度に服せり。【名将言行録】 https://t.co/t0523r6TTa #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

家康、或陣に甲州衆の中より斥候に遣わす。康政其斥候の士に向ひ、心得あるか、斯の如き斥候には、心得なくては叶わざるものと言ふ。斥候の士、委細心得候とて見て帰る。【名将言行録】 https://t.co/wcpZMlBUuE #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

三方ヶ原の役、我軍敗走す康政浜松城へは入らず、戦場よりすぐに東のほう西島へ退く。是は敵城を攻めば、不意に後援して忠死すべしと欲してなり。然れども敵直ぐに攻ることなきに依て、夜中僅の郎従を引具し、武田勝頼が従兵の陣を襲ふ https://t.co/STCodArSnN #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

常に手を砕き、自ら戦て功を遂ることを欲せず、持重にして謀を好み、付属の士は申すに及ばず、自分の従者を磨励して其功を建さしむ、故に当時、人稱して長者と曰う。【名将言行録・大須賀康高】 https://t.co/sb9kOey5dU #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

康政と忠勝とは、同年にて同地に、ひととなりしかば、幼きより互いに親しかりしゆえ、常にはかかる事をも、いい争いけるとなり。【藩翰譜】 https://t.co/DfVx2agk9e #skbot
忠次は本多平八郎忠勝に似たる豪雄に非ず、榊原康政の如く身に七十創を蒙むりし曹参の武勇にも非ず、井伊直政が如き勇将の器に非ず、一言に約すれば沈勇にして謀略に富し者なり【徳川武士銘々伝・酒井忠次】 https://t.co/wflmb3LvZM #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

堀川の城を攻めらる、康政先陣を承り一番に城を攻め破りしより、遠江の國掛塚等を始め、犬居、高明、高天神、近江國姉川等を始として、或ひは城を攻め或ひは野に戦う事数を知らず、凡そ康政が向かう所、打ち破らずという事なし【藩翰譜】… https://t.co/9FyoC9ewqy

23 0 0 0 OA 史籍雑纂

當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

晩年恬退自ら守る時に本多正信、政を執り権内外を傾く、康政曰く大臣権を争うは国家の利にあらず、天下既に定まり復た力を効すことなしと言ひ、是と抗せず。議する者其器度に服せり。【名将言行録】 https://t.co/t0523r6TTa #skbot
小平太康政の勇は人の熟く知る所なり、かれが智は知らざる人やあらむ。嗚呼勢田の新関は豊臣氏の覇権を止めて路傍の人にも徳川氏を謳歌せしめたるが如し。英雄の功を弄するや人意の他に出づ。【徳川武士銘々伝・榊原康政】 https://t.co/kmEJaBUcwz #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政幼にして沈静学を好み、書を大樹寺に読み筆跡を善くせり。又善く兵を用い、常に軍に従ひ、先鋒を領とし、戦ふ毎に寡を以て衆に克つ。愛するところの鎌槍を笹切とつけ執て以て血闘し、身完膚なしと云う。【名将言行録】 https://t.co/dr5nWE8Pkf #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政天下に七功徳ありとぞ、殉死を禁ぜしは、其一なりとかや。【名将言行録】 https://t.co/s4qIZH9J2i #skbot
兵部少輔直政は悪木の陰に憩わず盗泉の水を呑まず。万千代の幼時より徳川殿に仕え奉りてふた心なき武士なり。【徳川武士銘々伝・井伊直政】 https://t.co/wXcexzwp7y #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

三方ヶ原の役、我軍敗走す康政浜松城へは入らず、戦場よりすぐに東のほう西島へ退く。是は敵城を攻めば、不意に後援して忠死すべしと欲してなり。然れども敵直ぐに攻ることなきに依て、夜中僅の郎従を引具し、武田勝頼が従兵の陣を襲ふ https://t.co/STCodArSnN #skbot

3 1 0 0 OA 家康教訓録

人間は覚悟が大事なりて、善悪はみな己の覚悟ひとつにあり。覚悟する時は武道も立ち、覚悟せざる時は人の道をも失ふ。【家康教訓録】 https://t.co/k39Ppv1QeW #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

康政と忠勝とは、同年にて同地に、ひととなりしかば、幼きより互いに親しかりしゆえ、常にはかかる事をも、いい争いけるとなり。【藩翰譜】 https://t.co/DfVx2agk9e #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

康政と忠勝とは、同年にて同地に、ひととなりしかば、幼きより互いに親しかりしゆえ、常にはかかる事をも、いい争いけるとなり。【藩翰譜】 https://t.co/DfVx2agk9e #skbot

23 0 0 0 OA 史籍雑纂

當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

家康、或陣に甲州衆の中より斥候に遣わす。康政其斥候の士に向ひ、心得あるか、斯の如き斥候には、心得なくては叶わざるものと言ふ。斥候の士、委細心得候とて見て帰る。【名将言行録】 https://t.co/wcpZMlBUuE #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

家康、或陣に甲州衆の中より斥候に遣わす。康政其斥候の士に向ひ、心得あるか、斯の如き斥候には、心得なくては叶わざるものと言ふ。斥候の士、委細心得候とて見て帰る。【名将言行録】 https://t.co/wcpZMlBUuE #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

三方ヶ原の役、我軍敗走す康政浜松城へは入らず、戦場よりすぐに東のほう西島へ退く。是は敵城を攻めば、不意に後援して忠死すべしと欲してなり。然れども敵直ぐに攻ることなきに依て、夜中僅の郎従を引具し、武田勝頼が従兵の陣を襲ふ https://t.co/STCodArSnN #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/5Ts9MqH7nS #skbot
兵部少輔直政は悪木の陰に憩わず盗泉の水を呑まず。万千代の幼時より徳川殿に仕え奉りてふた心なき武士なり。【徳川武士銘々伝・井伊直政】 https://t.co/wXcexzwp7y #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

堀川の城を攻めらる、康政先陣を承り一番に城を攻め破りしより、遠江の國掛塚等を始め、犬居、高明、高天神、近江國姉川等を始として、或ひは城を攻め或ひは野に戦う事数を知らず、凡そ康政が向かう所、打ち破らずという事なし【藩翰譜】… https://t.co/qOEjj8M75q

18 0 0 0 OA 武功雑記

平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot
遠路御礼本望之至候仍家康江 御帷子被進之候一段祝着被存候 能々相心得可申入旨候再拙者方江 御帷子贈給之毎度御懇意之儀共 難申尽候然者当御陣之様子御 望之由候之間雖可被聞召及候【小田原状・加藤主計頭清正殿への書簡冒頭】 https://t.co/gJZOcs8llZ #skbot
小平太康政の勇は人の熟く知る所なり、かれが智は知らざる人やあらむ。嗚呼勢田の新関は豊臣氏の覇権を止めて路傍の人にも徳川氏を謳歌せしめたるが如し。英雄の功を弄するや人意の他に出づ。【徳川武士銘々伝・榊原康政】 https://t.co/kmEJaBUcwz #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 https://t.co/7WcpHScSNp #skbot
忠次は本多平八郎忠勝に似たる豪雄に非ず、榊原康政の如く身に七十創を蒙むりし曹参の武勇にも非ず、井伊直政が如き勇将の器に非ず、一言に約すれば沈勇にして謀略に富し者なり【徳川武士銘々伝・酒井忠次】 https://t.co/wflmb3LvZM #skbot

24 0 0 0 OA 武家事紀

家康公常に人臣を論ずるに及ぶ時は、我が家に康政ありとの仰せなり。殊に御先手承わるが故に、幕下に於て勇戦の志ある輩多く、康政が与力たらんことを欲して、彼に属する者また多し。【武家事紀】 https://t.co/g6lnXUp3cI #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

常に手を砕き、自ら戦て功を遂ることを欲せず、持重にして謀を好み、付属の士は申すに及ばず、自分の従者を磨励して其功を建さしむ、故に当時、人稱して長者と曰う。【名将言行録・大須賀康高】 https://t.co/sb9kOey5dU #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/5Ts9MqH7nS #skbot
小平太康政の勇は人の熟く知る所なり、かれが智は知らざる人やあらむ。嗚呼勢田の新関は豊臣氏の覇権を止めて路傍の人にも徳川氏を謳歌せしめたるが如し。英雄の功を弄するや人意の他に出づ。【徳川武士銘々伝・榊原康政】 https://t.co/kmEJaBUcwz #skbot

23 0 0 0 OA 史籍雑纂

當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot

24 0 0 0 OA 武家事紀

家康公常に人臣を論ずるに及ぶ時は、我が家に康政ありとの仰せなり。殊に御先手承わるが故に、幕下に於て勇戦の志ある輩多く、康政が与力たらんことを欲して、彼に属する者また多し。【武家事紀】 https://t.co/g6lnXUp3cI #skbot
他の味方皆破れ家康辛うじて浜松城にのがるるに至るや、康政小高きところに旗押し立て、敗軍の味方をあつめて静かに退けり。大敗北に殿して旗を立つるは、勝利に乗じて一城を屠るよりも難くこそあれ。【贈位功臣言行録】 https://t.co/nFVKxH8WUy #skbot

3 1 0 0 OA 家康教訓録

人間は覚悟が大事なりて、善悪はみな己の覚悟ひとつにあり。覚悟する時は武道も立ち、覚悟せざる時は人の道をも失ふ。【家康教訓録】 https://t.co/k39Ppv1QeW #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政幼にして沈静学を好み、書を大樹寺に読み筆跡を善くせり。又善く兵を用い、常に軍に従ひ、先鋒を領とし、戦ふ毎に寡を以て衆に克つ。愛するところの鎌槍を笹切とつけ執て以て血闘し、身完膚なしと云う。【名将言行録】 https://t.co/dr5nWE8Pkf #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

家康、或陣に甲州衆の中より斥候に遣わす。康政其斥候の士に向ひ、心得あるか、斯の如き斥候には、心得なくては叶わざるものと言ふ。斥候の士、委細心得候とて見て帰る。【名将言行録】 https://t.co/wcpZMlBUuE #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot

24 0 0 0 OA 武家事紀

家康公常に人臣を論ずるに及ぶ時は、我が家に康政ありとの仰せなり。殊に御先手承わるが故に、幕下に於て勇戦の志ある輩多く、康政が与力たらんことを欲して、彼に属する者また多し。【武家事紀】 https://t.co/g6lnXUp3cI #skbot
兵部少輔直政は悪木の陰に憩わず盗泉の水を呑まず。万千代の幼時より徳川殿に仕え奉りてふた心なき武士なり。【徳川武士銘々伝・井伊直政】 https://t.co/wXcexzwp7y #skbot
他の味方皆破れ家康辛うじて浜松城にのがるるに至るや、康政小高きところに旗押し立て、敗軍の味方をあつめて静かに退けり。大敗北に殿して旗を立つるは、勝利に乗じて一城を屠るよりも難くこそあれ。【贈位功臣言行録】 https://t.co/nFVKxH8WUy #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政天下に七功徳ありとぞ、殉死を禁ぜしは、其一なりとかや。【名将言行録】 https://t.co/s4qIZH9J2i #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

三方ヶ原の役、我軍敗走す康政浜松城へは入らず、戦場よりすぐに東のほう西島へ退く。是は敵城を攻めば、不意に後援して忠死すべしと欲してなり。然れども敵直ぐに攻ることなきに依て、夜中僅の郎従を引具し、武田勝頼が従兵の陣を襲ふ https://t.co/STCodArSnN #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

康政人となり、寛厚にして雅量あり、生平謙恭にして人を罪せず、士皆愛附し、之が用を為すを楽しめり。【名将言行録】 https://t.co/t0523r6TTa #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

三方ヶ原の役、我軍敗走す康政浜松城へは入らず、戦場よりすぐに東のほう西島へ退く。是は敵城を攻めば、不意に後援して忠死すべしと欲してなり。然れども敵直ぐに攻ることなきに依て、夜中僅の郎従を引具し、武田勝頼が従兵の陣を襲ふ https://t.co/STCodArSnN #skbot
小平太康政の勇は人の熟く知る所なり、かれが智は知らざる人やあらむ。嗚呼勢田の新関は豊臣氏の覇権を止めて路傍の人にも徳川氏を謳歌せしめたるが如し。英雄の功を弄するや人意の他に出づ。【徳川武士銘々伝・榊原康政】 https://t.co/kmEJaBUcwz #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

康政と忠勝とは、同年にて同地に、ひととなりしかば、幼きより互いに親しかりしゆえ、常にはかかる事をも、いい争いけるとなり。【藩翰譜】 https://t.co/DfVx2axVxO #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

三方ヶ原の役、我軍敗走す康政浜松城へは入らず、戦場よりすぐに東のほう西島へ退く。是は敵城を攻めば、不意に後援して忠死すべしと欲してなり。然れども敵直ぐに攻ることなきに依て、夜中僅の郎従を引具し、武田勝頼が従兵の陣を襲ふ https://t.co/STCodArSnN #skbot

23 0 0 0 OA 史籍雑纂

當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot
遠路御礼本望之至候仍家康江 御帷子被進之候一段祝着被存候 能々相心得可申入旨候再拙者方江 御帷子贈給之毎度御懇意之儀共 難申尽候然者当御陣之様子御 望之由候之間雖可被聞召及候【小田原状・加藤主計頭清正殿への書簡冒頭】 https://t.co/gJZOcs8llZ #skbot
他の味方皆破れ家康辛うじて浜松城にのがるるに至るや、康政小高きところに旗押し立て、敗軍の味方をあつめて静かに退けり。大敗北に殿して旗を立つるは、勝利に乗じて一城を屠るよりも難くこそあれ。【贈位功臣言行録】 https://t.co/nFVKxH8WUy #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot
兵部少輔直政は悪木の陰に憩わず盗泉の水を呑まず。万千代の幼時より徳川殿に仕え奉りてふた心なき武士なり。【徳川武士銘々伝・井伊直政】 https://t.co/wXcexzwp7y #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

三方ヶ原の役、我軍敗走す康政浜松城へは入らず、戦場よりすぐに東のほう西島へ退く。是は敵城を攻めば、不意に後援して忠死すべしと欲してなり。然れども敵直ぐに攻ることなきに依て、夜中僅の郎従を引具し、武田勝頼が従兵の陣を襲ふ https://t.co/STCodArSnN #skbot
土屋長吉は終に乱軍の中に討死したり、以て主君家康の難を救いぬ。家康この日城に帰りて甲を脱せしに、銃丸二個ころげ出せりとかや、いかに戦闘の激烈なるかを思い見る可し。【徳川武士銘々伝・土屋長吉】 https://t.co/MKhGgGCCuu #skbot
他の味方皆破れ家康辛うじて浜松城にのがるるに至るや、康政小高きところに旗押し立て、敗軍の味方をあつめて静かに退けり。大敗北に殿して旗を立つるは、勝利に乗じて一城を屠るよりも難くこそあれ。【贈位功臣言行録】 https://t.co/nFVKxH8WUy #skbot
遠路御礼本望之至候仍家康江 御帷子被進之候一段祝着被存候 能々相心得可申入旨候再拙者方江 御帷子贈給之毎度御懇意之儀共 難申尽候然者当御陣之様子御 望之由候之間雖可被聞召及候【小田原状・加藤主計頭清正殿への書簡冒頭】 https://t.co/gJZOcs8llZ #skbot
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  信長天下平定期の畿内におけるポルトガル人の動静(一五六〇〜一五八二年) https://t.co/xTUJr00RDj #CiNii
遠路御礼本望之至候仍家康江 御帷子被進之候一段祝着被存候 能々相心得可申入旨候再拙者方江 御帷子贈給之毎度御懇意之儀共 難申尽候然者当御陣之様子御 望之由候之間雖可被聞召及候【小田原状・加藤主計頭清正殿への書簡冒頭】 https://t.co/gJZOcrQKur #skbot
兵部少輔直政は悪木の陰に憩わず盗泉の水を呑まず。万千代の幼時より徳川殿に仕え奉りてふた心なき武士なり。【徳川武士銘々伝・井伊直政】 https://t.co/wXcexzwp7y #skbot

23 0 0 0 OA 史籍雑纂

當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  今川氏親後室中御門氏(寿桂尼)の生涯 https://t.co/qzIcVloFw0 #CiNii

10 0 0 0 OA 藩翰譜

(関ヶ原遅参の謝罪の後) 中納言殿みずから御筆を染められ、康政が此の度の心ざし、わが家のあらん限りは子々孫々に至るまで、忘るる事あるまじき由の御書を給わりしとぞ聞こえたる。【藩翰譜】 https://t.co/CQXPC8QGqA #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

(関ヶ原遅参の謝罪の後) 中納言殿みずから御筆を染められ、康政が此の度の心ざし、わが家のあらん限りは子々孫々に至るまで、忘るる事あるまじき由の御書を給わりしとぞ聞こえたる。【藩翰譜】 https://t.co/CQXPC8QGqA #skbot

18 0 0 0 OA 武功雑記

水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 https://t.co/7WcpHScSNp #skbot

8 1 1 0 OA 名将言行録

常に手を砕き、自ら戦て功を遂ることを欲せず、持重にして謀を好み、付属の士は申すに及ばず、自分の従者を磨励して其功を建さしむ、故に当時、人稱して長者と曰う。【名将言行録・大須賀康高】 https://t.co/sb9kOey5dU #skbot
忠次は本多平八郎忠勝に似たる豪雄に非ず、榊原康政の如く身に七十創を蒙むりし曹参の武勇にも非ず、井伊直政が如き勇将の器に非ず、一言に約すれば沈勇にして謀略に富し者なり【徳川武士銘々伝・酒井忠次】 https://t.co/wflmb3LvZM #skbot

3 1 0 0 OA 家康教訓録

人間は覚悟が大事なりて、善悪はみな己の覚悟ひとつにあり。覚悟する時は武道も立ち、覚悟せざる時は人の道をも失ふ。【家康教訓録】 https://t.co/k39Ppv1QeW #skbot
遠路御礼本望之至候仍家康江 御帷子被進之候一段祝着被存候 能々相心得可申入旨候再拙者方江 御帷子贈給之毎度御懇意之儀共 難申尽候然者当御陣之様子御 望之由候之間雖可被聞召及候【小田原状・加藤主計頭清正殿への書簡冒頭】 https://t.co/gJZOcs8llZ #skbot

10 0 0 0 OA 藩翰譜

康政と忠勝とは、同年にて同地に、ひととなりしかば、幼きより互いに親しかりしゆえ、常にはかかる事をも、いい争いけるとなり。【藩翰譜】 https://t.co/DfVx2agk9e #skbot

24 0 0 0 OA 武家事紀

家康公常に人臣を論ずるに及ぶ時は、我が家に康政ありとの仰せなり。殊に御先手承わるが故に、幕下に於て勇戦の志ある輩多く、康政が与力たらんことを欲して、彼に属する者また多し。【武家事紀】 https://t.co/g6lnXUp3cI #skbot

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  古典作品に見るお茶の文化史 : 茶の伝来から茶道文化の成立まで http://t.co/hRY66CphFh #CiNii

フォロー(184ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @onoyuji_daye: 適当に検索しただけだけど、鼇頭評註春秋左氏伝校本. 9,10 https://t.co/AhnxkHp4s4 コマ番号22 これけっこう似てない?これそのものじゃないけど、この本の別バージョンかも? https://t.co/lbjbtf3e…

32 1 1 0 OA 花袋文話

【方丈記に現はれたる源平の盛衰(花袋文話)】(田山花袋)近代デジタルライブラリーで見ることができます。https://t.co/9AR4h2Zo 鴨長明、田山花袋二人のフィルター越しの平家物語。 田山花袋といえば「通盛の妻」、「秋の日影」の作者ですね。

フォロワー(875ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  室町時代の貨幣経済 https://t.co/5u7W6klDKz #CiNii
RT @a_ri_no_ri: 平川新「政宗謀反の噂と徳川家康」https://t.co/qdVjDtd9Hv うろうろしていて見つけた。取り敢えず、メモ。
RT @kawai_kanyu: 秋田屋太右衞門等刊 春秋左氏傳校本 https://t.co/PKkEWi9cEo 24-25コマ
RT @kawai_kanyu: 秋田屋太右衞門等刊 春秋左氏傳校本 https://t.co/PKkEWi9cEo 24-25コマ
RT @onoyuji_daye: 適当に検索しただけだけど、鼇頭評註春秋左氏伝校本. 9,10 https://t.co/AhnxkHp4s4 コマ番号22 これけっこう似てない?これそのものじゃないけど、この本の別バージョンかも? https://t.co/lbjbtf3e…
RT @onoyuji_daye: 適当に検索しただけだけど、鼇頭評註春秋左氏伝校本. 9,10 https://t.co/AhnxkHp4s4 コマ番号22 これけっこう似てない?これそのものじゃないけど、この本の別バージョンかも? https://t.co/lbjbtf3e…

32 1 1 0 OA 花袋文話

【方丈記に現はれたる源平の盛衰(花袋文話)】(田山花袋)近代デジタルライブラリーで見ることができます。https://t.co/9AR4h2Zo 鴨長明、田山花袋二人のフィルター越しの平家物語。 田山花袋といえば「通盛の妻」、「秋の日影」の作者ですね。
RT @a_ri_no_ri: 黒田基樹先生の『近世初期大名の身分秩序』の結城秀康関係は、この「結城秀康文書の基礎的研究」がメインなんだけど、補論二「制外の家」で的確に初期徳川政権における秀康の立ち位置を説明していて、ああああ!こっちも!ciniiに載せて欲しかった!となる。…