15 2 0 0 OA 武功雑記

著者
松浦鎮信 著
出版者
青山清吉
巻号頁・発行日
vol.1, 1903

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

「武功雑記」に次のように書かれていますね。(コマ番号30/64) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/773073 「佐竹義重合戦の時一目見そめしより恋慕あさからず□書を通ぜしかば早速同心にて契りふかしといへども合戦はやまず依之芦名佐竹の家来とも相談して和睦に及ぶ。」 「□書」というのは「恋書」なんでしょうか?

Twitter (14 users, 44 posts, 15 favorites)

水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 https://t.co/7WcpHScSNp #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/5Ts9MqH7nS #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/5Ts9MqH7nS #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/5Ts9MqH7nS #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/5Ts9MqH7nS #skbot
水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 https://t.co/7WcpHScSNp #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/BjT02uqxrw  #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/5Ts9MqH7nS #skbot
武功雑記に宗三、ヤスに着せ替えさせられるの巻載ってた〜!!デジタルライブラリーでネット上でみれるぞ! https://t.co/srH1UlD6Tm https://t.co/LAUuKJ6iSY
水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 https://t.co/vc8MAWsFCy #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/5WWNXkUkJn  #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/ktG4pP7nvG #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/5WWNXkUkJn  #skbot
水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 https://t.co/vc8MAWsFCy #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 https://t.co/ktG4pOPME8 #skbot
山本勘助は噛ませ犬扱いで甲陽軍鑑もdisられてるが。武功雑記で他の褒め方は1巻に「豪傑」とかhttps://t.co/EyIpeAcXoB「「剣豪」「剣聖」という呼称の誕生について」 https://t.co/8FDSl1RAje
水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 https://t.co/vc8MAWsFCy #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 https://t.co/5WWNXkUkJn  #skbot
児手柏はやっぱ時流的にも関ヶ原前に幽斎→家康説がつよいのかな~武功雑記(1696成立)は「大坂へは宗三左文字。関原へは菖蒲正宗。」って書いてるから個人的に興元中継しててもおかしくはないと思うんだよな http://t.co/Z5GeggPa2n 興元説の出典は名物帳
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 http://t.co/5WWNXkUkJn  #skbot
水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 http://t.co/vc8MAWsFCy #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 http://t.co/ktG4pP7nvG #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 http://t.co/ktG4pP7nvG #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 http://t.co/ktG4pP7nvG #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 http://t.co/ktG4pP7nvG #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 http://t.co/ktG4pPoYDK #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 http://t.co/5WWNXlL87z  #skbot
水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 http://t.co/qN3FZaeNrQ #skbot
水野下野殿家人神谷金七。常に念比に咄候故。小平太へ申候は、其方事家康公へもらはれ候事、能き仕合にて候。小身人なれば具足も被持ましく候は笑止に候。是を餞にまいらするとて、銀具足の少々ちぎれたるを一領贈り候。【武功雑記】 http://t.co/qN3FZaeNrQ #skbot
榊原式部大輔、御不足申し上け病と称して籠居の刻。御見舞の上使村越茂助遣わされ候。式部御請に別の議は無御座候。腹がくさりたる由申し上られ候へと申し候。【武功雑記】 http://t.co/ktG4pPoYDK #skbot
平岩石見守の弟助六、榊原小平太と口論の時助六小鬢を被切候由。(中略)助六怒て腹切て榊原へさゝんと云ふ。石見聞て小平太は殿の御秘蔵にて、御取立可被成者なり。助六は最早頭を切られ申上はすたれ候。【武功雑記】 http://t.co/5WWNXlctXv  #skbot
これ http://t.co/8wAcqPUIZP
これはこの本だね http://t.co/pwIeM1KfPF  RT @kaeruland: いただいて来た本だよ http://t.co/zGY33JxDDJ

収集済み URL リスト