22 0 0 0 OA 史籍雑纂

著者
国書刊行会 編
出版者
国書刊行会
巻号頁・発行日
vol.苐二, 1912

言及状況

Yahoo!知恵袋 (2 users, 3 posts)

所領に関して詳しく調べた史家として笠谷和比古氏がいます。 氏の講演の際に、文禄三年年当時の各大名の所領を克明に記した地図を頂いたのですが、石高の算出もされたとのことでした。 おそらく、このような資料は一般には出回っていないと思います。 笠谷氏はおそらく、江戸時代初期まで写本の来歴が遡れる国立公文書館蔵『当代記』から調べたと考えています。 下記のUPLを貼り付けましたので ...
毛利輝元の石高は吉川広家・毛利秀元の石高を含み、九州の小早川秀秋・小早川秀包の石高を含みません。ただ「120万石」についてはちょっと注意が必要です。 毛利家文書に天正19年(1591年)旧暦3月13日付で発給された領知朱印状・領知目録が残っておりますが(『大日本古文書 家わけ文書第8 毛利家文書之三』所収)、それによると領知は「安芸 周防 長門 石見 出雲 備後 隠岐 伯耆三郡 備中国之 ...
専門家も本当の理由が判っておりません。松下志朗「近世初期の石高と領知高」(経済学研究42巻275頁(1977年))の脚注31によると、「今野真氏の御教示によれば、上杉氏の出羽国分が除かれているのではないかということであるが、後考に俊ちたい」とありますが、その詳細が論文なり本なりに活字化はされていないようです。ただ最上領と上杉領(庄内)はどっちも差出検地ですので、そこに原因があるのは間違いありません ...

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

家康が1613年8月、駿府城で見た花火について、花火総合会社 株式会社 若松屋のウェブページ( http://www.wakamatsuya.tv/waka/hkk/himawari_a.html )によれば、『駿府政事録』『宮中秘策』『武徳編年集成』に記述があるとのことですが、静岡県立中央図書館に該当する貴重書はあるでしょうか。

Twitter (16 users, 28 posts, 59 favorites)

當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot
@oknm1508 松のさかへの中にありましたので置いておきますね(読みにくいけど) https://t.co/RxHYiOd9x2
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot
@tmse2n 八切さんのアレにのってるやつでそこんとこ「当代記」から出してきてるとかいうので今デジタルアーカイブのこいつと格闘中だよ…こいつの信憑性なんてしらんけど、がんばる…もう意地じゃ https://t.co/YsJRIQvPRa
@mikan_burg0312 https://t.co/XUYEr4uQsb と比較すれば、どのくらい話が盛ってあるか分かるんだなぁ~。
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/cBeJL0DXxf #skbot
この贈答リスト『当代記』だと鍋通正宗だったか貞宗だったかのポジションなんだよね https://t.co/VW9i2RjaxL
@Aquioux なお『当代記』の記載では、家康が追い出す、という部分は同じですが、浮浪者の描写が異なっています。追い出す理由は狂人だから、となっています。いったい慶長十四年四月四日に駿府城で何が起きたんですかねぇ。 https://t.co/DKWfNvFyLB
https://t.co/yvRDjW6O9R 今回の家康襲撃未遂事件の元ネタ、『当代記』42頁です。Webですぐ活字本を観られるのが本当に助かります。 #真田丸 #松平忠明 #当代記
駿府で伊達政宗が地元の津波被害を語ったところ、国会図書館デジタルコレクションで読める https://t.co/cZAeLkfIQ0 これの解釈は311津波後に大きく変わった https://t.co/00mT6PkBuW
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/dmFdsEuSlb #skbot
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 https://t.co/dmFdsEuSlb #skbot
近代デジタルライブラリに「駿府記」を見つけたが、白文やな…英語とどっちが大変かなという感じだな。 https://t.co/f7162ESddx
おお、本当だ https://t.co/mEPR3myaBq
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 http://t.co/dmFdsEuSlb #skbot
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 http://t.co/dmFdsEuSlb #skbot
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 http://t.co/dmFdsEuSlb #skbot
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 http://t.co/dmFdsFlFJn #skbot
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 http://t.co/dmFdsFlFJn #skbot
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 http://t.co/dmFdsEN1zj #skbot
當時肥後國加藤主計頭息女年九歳、関東へ下向、榊原式部大輔息に爲可嫁也。正月七日九州を出、同二十六日至大坂着船、此間在京、三月九日岐阜に着輿、四十五丁、但十丁は人不乗、馬上之女八十三人也、【當代記】 http://t.co/dmFdsEN1zj #skbot

Wikipedia (3 pages, 4 posts, 1 contributors)

編集者: Quark Logo
2015-08-02 10:57:52 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト