take (@take_japan_asia)

投稿一覧(最新100件)

・シアン化合物は、気体、液体、固体のさまざまな形態で存在し得る。 ・皮膚や粘膜からも吸収される。皮膚への接触が疑われる場合、脱衣させて洗う。部屋の換気をする。 https://t.co/QsSSPROWwg
○ 一人当たりの気積が大きいと、CO2が定常状態に至るまでの時間が長い https://t.co/zRajrU9egR https://t.co/cGdkdi7rbm ○ 換気シミュレーターによる推定値(定常状態の推定値)と実測値を比較した実験によると、CO2定常状態までには60−90分かかる? https://t.co/k7EGiWENPd
【定期健康診断】 RSR’パターンの判定するとき、brugada見落としてないのか毎度モヤる。ECG生画像つけてほしい。 "正常者でも認めることがあり問題ありません" (人間ドック学会) https://t.co/0gzugFey6u 健康診断時の心電図自動診断で見逃した ブルガダ症候群の一例 https://t.co/iJT8LnnKGk
「LDL-C値およびnonHDL-C値は食事の有無で差がなかったこと,非空腹時TG値は空腹時の平均値+26 mg/dl程度であり,食事からの時間による差は少なめで あったなどの結果から,ヨーロッパ動脈硬化学 会および〜」 DMでLPL活性が落ちてたら、食後TGは+26どころかもっと上がる。 https://t.co/gVsnaVP0Ug
特定業務従事者健康診断の深夜業の対象について。 深夜業を 1 週 1 回以上または 1 月に 4 回以上行う業務(昭和23年10月 1 日付け基発第1456号) https://t.co/YqfnhTzCza 自発的健康診断の深夜業は 常時使用される労働者で、過去6ヶ月を平均して1ヶ月当たり4回以上深夜業に従事した者

お気に入り一覧(最新100件)

今回の新型コロナウィルスへの対策にはこちらが大変参考になる。産業医は必読。 全体像をこれでつかみ、ここに記載のないテレビ会議システムを活用した事業活動を考えていくのが妥当だろう。 https://t.co/XCgsNZaU6W https://t.co/ZD2wFWgtGz
堀江先生のこの論文は何回見ても秀逸。 産業医と労働安全衛生法の歴史をまとめたもの。 工場法から始まり、法改正を振り返り、最後はアメリカの専門医も持ち出しながらわかりやすく説明してある。 これは産業医なら必読と言ってよいだろう。 https://t.co/rymBIHIsLq
亀田総合病院から重症の市中アシネトバクター肺炎をグラム染色で診断し、最適な初期治療を行い救命した1例の報告です Yurika Iwasawa et al. Internal Medicine 2018 Sep in press 昨年まで当院で初期研修医をされた、Iwasawa先生がFirst authorです 素晴らしいです https://t.co/1OZGIZ3tKs https://t.co/3D1oZZ7XCT
咽頭の診察所見(インフルエンザ濾胞)の意味と価値の考察(日大医誌 2013;72:11-8) インフルエンザ疑いの患者を診察する時は必ず喉を見ましょう。感度特異度は非常に高いです https://t.co/GGNuTp5aXd https://t.co/vvkD5JdBQM

フォロー(425ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

155 2 2 1 OA 明月記

国立国会図書館で1912年の国書刊行会版がデジタル化されていますので、SN1006やSN1054のくだり(日記が書かれた日付は寛喜2 (1230) 年11月8日)がすぐに読めますのよ。便利な世の中ですことねえ。https://t.co/JfqoNyUZ8I
たまたま読んだ論文。 その科学性と倫理性というテーマでここビンビンくるね。 「科学性の高い研究手法を人間を対象として行う場合、その研究の倫理性が問われる。倫理性を高めれば高めるほど、その研究は科学性をそこなうことになる傾向がでてくるものである」 https://t.co/i97crHukTz

フォロワー(275ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

たまたま読んだ論文。 その科学性と倫理性というテーマでここビンビンくるね。 「科学性の高い研究手法を人間を対象として行う場合、その研究の倫理性が問われる。倫理性を高めれば高めるほど、その研究は科学性をそこなうことになる傾向がでてくるものである」 https://t.co/i97crHukTz