著者
長沢 栄史 Petersen R.H.
出版者
日本きのこセンター菌蕈研究所
巻号頁・発行日
no.43, pp.1-49, 2006 (Released:2011-03-05)

日本およびロシア極東地域を含む東アジア温帯に分布するビロードツエタケ属菌(Xerula)として、3亜属[ビロードツエタケ亜属(subgen.Xerula)、ウスゲツエタケ亜属(subgen.Alboomenosae)、ツエタケ亜属(subgen.Radicaa]の9種3変種を認め、検索表(報告では取り扱わなかった数種の域外近縁種を含む)、記載および図を付して報告した。過去の文献において一般的なX.radicaa(Relhan)Doerfel(ツエタケ)、X.pudens(Pers.)Singer(ビロードツエタケ)およびX.longipes(P.Kumm.)Maire(ビロードツエタケ)は、それらの中に認められなかった。また、本報告ではビロードツエタケ属の特徴についても詳細に論じた。報告された菌は以下の通りである。ビロードツエタケ亜属:X.hongi Doerfelエゾノビロードツエタケ、X.sinopudens R.H.Peersen and Nagas.(新種)コブリビロードツエタケ(新称)。ウスゲツエタケ亜属(新称):X.amygdaliformis(Yang and Zang)R.H.Peersen and Nagas.(転属新組合せ)オキナツエタケ(新称)、X.amygdaliformis var.bispora R.H.Peersen&Nagas.(新変種)フタツミオキナツエタケ(新称)、X.chiangmaiae R.H.Peersen and Nagas.(新種チェンマイツエタケ(新称)、X.chiangmaiae var.raphanipes(Berk)R.H.Peersen and Nagas.(転配置新組合せ)ヒマラヤツエタケ(新称)。ツエタケ亜属:X.aureocysidiaa R.H.Peersen and Nagas.(新種)ミヤマツエタケ(新称)、X.globospora R.H.Peersen and Nagas.(新種)フキアゲマルミノツエタケ(新称)、X.japonica Doerfelマルミノツエタケ、X.orienalis R.H.Peersen and Nagas.(新種)ブナノモリツエタケ(新称)、X.orienalis var.margariella R.H. and Nagas.(新変種)コブリブナノモリツエタケ(新称)、X.vinoconusa R.H.Peersen and Nagas.(新種)キタカタチャシミツエタケ(新称)。

言及状況

Twitter (9 users, 10 posts, 0 favorites)

@zDaUfRaWlUJa2nt ヌメリがあるからオキナツエタケが候補に挙がるとは思うけど、実際同定しようと思ったらこれを読まないとあかん https://t.co/I6sxWDhd20
メモ:長沢栄史2006 東アジア温帯産ビロードツエタケ属 2010731142.pdf https://t.co/hR1mS3gxCZ
コブリビロードツエタケ。この類に関しては、前にも挙げたけどhttp://t.co/ucRBPje85E'をまず調べるのがラク。 http://t.co/O3aBl2NbRW
http://t.co/uVtLCexu1O←長沢栄史氏らの手になる、アジア産のツエタケ・ビロードツエタケ類に関するレポート。必須!
【メモ】 東アジア温帯産ビロードツエタケ属 http://t.co/LbZGlfH1y4 「菌蕈」で検索をかけるといろいろ論文(英語)が読めますね。

収集済み URL リスト