著者
菊池 節子 鍬野 信子 佐原 昊 近藤 榮昭
出版者
一般社団法人日本調理科学会
雑誌
調理科学 (ISSN:09105360)
巻号頁・発行日
vol.20, no.4, pp.337-340, 1987-12-20

会津の郷土料理、つと豆腐について、市販豆腐の包装方法と同様に包装し、5℃±5℃の冷蔵庫で保存してその保存性について検討を加えた。その結果、次のような知見を得た。1. 官能検査の結果、保存5日目に品質の劣化が認められた。2. つと豆腐の色は、保存により次第に黄味を帯びる傾向にあったが、品質劣化には大きな影響を与える因子とは考えられなかった。3. 食感は、官能検査結果では4日目から有意な差が認められたが、カードメーターによる硬さにおいて、差は認められなかった。4. つと豆腐浸漬液の吸光度は、日数の経過とともに大きな値を示し、日持ちの判定の一つの指標になるものと思われた。5. pHは、保存にともない低下する傾向を示した。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 会津の郷土料理, つと豆腐の日持ちについて(菊池 節子ほか),1987 https://t.co/QKsaOcs67h
こんな論文どうですか? 会津の郷土料理, つと豆腐の日持ちについて(菊池 節子ほか),1987 https://t.co/QKsaOcs67h
こんな論文どうですか? 会津の郷土料理, つと豆腐の日持ちについて(菊池 節子ほか),1987 http://t.co/QKsaOcs67h
5日程度はもつらしい。■CiNii Article -  会津の郷土料理, つと豆腐の日持ちについて■http://t.co/3w9KDJV

収集済み URL リスト