著者
岡本 隆
出版者
日本古生物学会
雑誌
化石 (ISSN:00229202)
巻号頁・発行日
no.36, pp.37-51, 1984-11-16

Nipponitesのら環のシミュレーションおよび標本の形態解析を行った結果, 次のような結論が得られた. (1) Nipponitesの巻きのパターンは全部で9つの係数を有する指数関数と三角関数の組み合わせによって説明することができる. (2) このパターンはx, y, zのどの成分についても原点を中心とした振動関数を示していて, しかも巻きの中心からら環中心までの距離Rの増加率が常に一定となるような, きわめて求心的な関数である. (3) Nipponites 3種(1変種)について, これらの変異を検討した結果, 巻きの基本的なパターンは種間でもほとんど一致していることが分かった. (4) これに対して種間変化の著しい形質は, i) ら環半径の長さに対する成長率とその初期値, ii) Uカーブの程度, iii) 変移点の現われる位置の3点である.これらの形質の違いは, "空間の占有率"に関して大きな差異を生じる原因となっている.

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

@1129midori 進化とプログラミング+数学に興味が有るなら、こちらの「異常巻きアンモナイトの形状は数学的に説明が出来るシミュレーション」が面白いかも。 https://t.co/w69jblzSNu PDF末尾の画像を見て… https://t.co/6FQJhyrAa2
@tasoku04 あれはあれで巻き方に法則があるらしいです。重心と浮心を同じにすることで水流噴射の際にくるくるせず浮遊しやすかったとかhttps://t.co/ji9OBhbFOr←論文です
@piko_pf つhttps://t.co/cVU6UNCCTI
【クトゥルフに出そうなアンモナイト】 学術も盛んなようね『異常巻きアンモナイト Nipponites の理論形態』http://t.co/V4KT1aWoq4
@opabinia545 まさか篠田さんからニッポニテスという単語が出てくるとは。 http://t.co/oGKc2h3jZE
異常巻きアンモナイトの巻きパターンにも規則性があった(かなり複雑だが…)! http://t.co/mvGDkRf49N RT @irumandal: いわゆる蛇石 http://t.co/pcMKeC1XNY

収集済み URL リスト