著者
内藤 健
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2000, no.16, pp.25-28, 2000-02-07
参考文献数
11

記憶、学習、直感、本能と理性、心の5つの階層を持つ人工脳モデルを提案する。このモデルには可塑性も含まれている。特に、黄金比や白銀比を脳がどのように感じるかという視点に基づき、40億年前の生命の起源を考えることによって、心のモデルを提示する。An explanation is given to the question of why life feels comfortable to see the asymmetric ratios such as golden and silver ratios. Then, a concrete artificial brain feeling the comfort, that is, a brain having mind is proposed on the basis of continuum mechanics.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (29 users, 31 posts, 32 favorites)

同QT「生命が、2:3の比に心地よさ(快感)を感じるのは、生命の始まりに存在した分子プールの”ゆりかご”が持つリズムだったからだと考えられる」 内藤教授の論文「5階層人工脳モデル : 生命情報の起源に由来する心のモデル」https://t.co/81EwEdxq7a アカン”

収集済み URL リスト