著者
秋山 照子
出版者
日本家政学会
雑誌
日本家政学会誌 (ISSN:09135227)
巻号頁・発行日
vol.51, no.9, pp.799-808, 2000
参考文献数
35

The four tea ceremony documents, Matsuyakaiki, Tennoujiyakaiki, Kamiya Soutan Nikki and Imai Soukyu Chanoyu Nikki Nukigaki, were examined to investigate the early-stage of kaiseki from the end of the medieval period to the beginning of the modern period. Twenty-five percent of kashi in kaiseki consisted of confectionery(rice cake, steamed bun, candy, sweetened and jellied bean paste, etc.)and 75% consisted of other food, which means that confectionery was still at an early stage of development. Among the other food were nuts, seeds and fruits, as well as various vegetables, potatoes and other starch, fungi, algae, etc. The kinds of food and recipes of that age suggest that the concept of kashi was not clear ; there was not a definite distinction between kashi and sai. The recipes used for kashi changed later ; for example, nishime continued to be used as a recipe for kashi, while frying fell out of fashion.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[あとで読む][お茶関連] 『 松 屋 会 記 』 ・ 『 天 王 寺 屋 会 記 』 ・ 『 神 屋 宗 湛 日 記 』 ・ 『 今 井 宗 久 茶 湯 日 記 抜 書 」 に み る 中 世 末 期 か ら 近 世 初 頭 の 会 席 ( 第 1 報 ) 会 席 の 菓 子 秋 山 照 子

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

『 松 屋 会 記 』 ・ 『 天 王 寺 屋 会 記 』 ・ 『 神 屋 宗 湛 日 記 』 ・ 『 今 井 宗 久 茶 湯 日 記 抜 書 」 に み る 中 世 末 期 か ら 近 世 初 頭 の 会 席 ( 第 1 報… http://t.co/1HbnMDWs9t …
(″ 〝){CiNii 論文 -  『松屋会記』・『天王寺会記』・『神屋宗湛日記』・『今井宗久茶湯日記抜書』にみる中世末期から近世初頭の会席(第1報) : 会席の菓子 http://t.co/tVMjtVseXW
「『松屋会記』・『天王寺会記』・『神屋宗湛日記』・『今井宗久茶湯日記抜書』にみる中世末期から近世初頭の会席(第1報) : 会席の菓子」 http://t.co/XmxIZOsI 第一報しかないのが残念だけで昔の茶事でのお菓子の種類面白い。

収集済み URL リスト