著者
松田 勝敬 粕谷 英樹
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.99, no.73, pp.39-46, 1999-05-20
被引用文献数
9

ささやき声では、通常発声に比ベ低い周波数のフォルマント周波数が変化することなどが知られている。しかし、その原因はらかにされていなかった。本稿では、喉頭内視鏡やMRIを用いてささやき声における音声器官の変化を測定した。その結果をもとに電気回路によるささやき声のモデルをつくった。モデルによってささやき声のシミュレーションをおこない、ささやき声における周波数構造の変化の原因を明らかにした。また、得られた結果をもとにフォルマント型音声合成法における、ささやき声の精密な合成方法を提案する。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

ささやき声の音響特性と音声合成法 https://t.co/7E2UAoDLri
"ささやき声の音響特性と音声合成法" CiNii 論文 -  ささやき声の音響特性と音声合成法 http://t.co/FXe6xqgGst

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト