著者
中山 康博 川本 文彦 須藤 千春 中嶋 暉躬 安原 義 藤岡 寿 熊田 信夫
出版者
日本衛生動物学会
雑誌
衛生動物 (ISSN:04247086)
巻号頁・発行日
vol.36, no.4, pp.315-326, 1985
被引用文献数
1 10

蚊刺咬による皮膚反応の機構を解明する試みのひとつとして, 蚊の唾液腺に含まれる成分について分析した。アカイエカCulex pipiens pallensの唾液腺の粗抽出物およびその低分子画分(mol. wt. <6,000)は, 蚊に無感作のモルモット皮内で血管透過性を亢進した。O-phthalaldehyde法によりhistamine染色を行うと, Cx.pipiens pallensおよびAedes togoiの唾液腺全体に強い陽性反応が観察された。αおよびβナフチルアセテートを基質としてエステラーゼ染色を行ったところ, Cx. pipiens pallensの唾液全体に強い陽性反応が認められ, 一方, Ae. togoiおよびAe. albopictusでは比較的弱い反応が観察されたのみであった。Cx. pipiens pallensの唾液腺抽出物を用いたin vitro実験では, TAME, BTEEおよびATEEの加水分解, 血液凝固阻止活性および溶血活性は検出されなかった。イオン交換高速液体クロマトグラフィー分析では, Cx. pipiens pallensの唾液腺抽出物中にhistamine, putrescine, spermine, およびspermidineが検出されたが, serotoninは検出されなかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

教えて!goo (1 users, 1 posts)

下の論文に、 「Cx. pipiens pallens(アカイエカ)の唾液中にヒスタミン、その他の成分を検出した」 と書いてあります。 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003816872 ヒスタミン 「ヒスタミンが、ヒスタミン1型受容体(H1受容体)というタンパク質と結合して、アレルギー疾患の原因となる。」 「ヒスタミンが、皮膚の下の細い血管にある、ヒ ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

CiNii 論文 -  蚊の唾液腺のヒスタミンおよびエステラーゼについて

OKWave (1 users, 1 posts)

下の論文に、 「Cx. pipiens pallens(アカイエカ)の唾液中にヒスタミン、その他の成分を検出した」 と書いてあります。 http://ci.nii.ac.jp/naid/110003816872 ヒスタミン 「ヒスタミンが、ヒスタミン1型受容体(H1受容体)というタンパク質と結合して、アレルギー疾患の原因となる。」 「ヒスタミンが、皮膚の下の細い血管にある、ヒス ...

Twitter (10 users, 11 posts, 0 favorites)

蚊のかゆみ反応の原因物質はヒスタミンかな。だとすれば熱じゃ壊れないし抗ヒスタミン剤は効く。: CiNii 論文 -  蚊の唾液腺のヒスタミンおよびエステラーゼについて http://t.co/bC7i7A9JYf
CiNii 論文 -  蚊の唾液腺のヒスタミンおよびエステラーゼについて http://t.co/TADyE3Ll
Now: CiNii 論文 -  蚊の唾液腺のヒスタミンおよびエステラーゼについて http://t.co/RG74n6LE
そうそうこれ。誤解が拡散された原因(と予想)@humi_humihumi: http://t.co/Y5HWx6s この論文はお読みになられましたか。「唾液腺抽出物中にhistamine, putrescine, spermine, およびspermidineが検出された」
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003816872/ ここにあるよ。@satodainu こないだググりまくったけど、あえなく敗退。 QT @cactus_f: 蚊が何を注入してるのか私も知りたいんですけど
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003816872/ これでよい?@satodainu

収集済み URL リスト