著者
藤村 由希子 安藤 広子
出版者
岩手県立大学
雑誌
岩手県立大学看護学部紀要 (ISSN:13449745)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.83-91, 2004-03
被引用文献数
6 or 0

岩手県内における死産,早期新生児死亡における助産師・看護師の対応の現状について把握し今後のケアの検討資料とすることを目的に実態調査を行なった.24施設で勤務する助産師・看護師を対象に割り当て抽出法により質間紙を205部郵送し,178名から有効回答を得た (有効回答率86.8%).調査期間は2003年3-4月であった.調査対象者の年齢は30代が61名(34.2%)と最も多く,臨床経験年数は15.9(±8.7)年であった.児が亡くなった場合スタッフ間で毎回カンファレンスを行っているのは57名(32.0%)であった.亡くなった児の写真や足形などの遺品を渡しているのは28名(15.7%)であった.亡くなった児と母親との面会を積極的にすすめていろのは47名(26.4%),父親との面会を積極的にすすめているのは86名(48.3%)であった.退院後に何らかのケアを行っているのは54名(30.4%)であった.児を亡くした母親や家族と接する時に「悩んだことがある」は156名(87.6%)で,言葉かけや態度などについで悩んでいた.亡くなった児との面会は母親よりも父親の決定に委ねられていることや退院後のケアが行われていないことから,母親およびその家族への対応についての検討が必要である.また看護職者の多くがケアへの戸惑いや悩みを抱えているにもかかわらず,カンファレンスも少ないことから,今後のケアのあり方として,スタッフ間での情報や知識の共有の機会が必要である.

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 1 favorites)

岩手県における死産、早期新生児死亡に対するケアの実態調査 https://t.co/fAYx9F2h0F
岩手県における死産、早期新生児死亡に対するケアの実態調査 https://t.co/fAYx9F2h0F
岩手県における死産、早期新生児死亡に対するケアの実態調査 https://t.co/fAYx9F2h0F
岩手県における死産、早期新生児死亡に対するケアの実態調査 https://t.co/fAYx9F2h0F
こんな論文どうですか? 岩手県における死産、早期新生児死亡に対するケアの実態調査(藤村 由希子ほか),2004 http://t.co/EmKYL7LwDU
こんな論文どうですか? 岩手県における死産、早期新生児死亡に対するケアの実態調査(藤村由希子ほか),2004 http://id.CiNii.jp/TpJrL

収集済み URL リスト