著者
岩本 雅也 土井 幸輝 戸川 達男
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.106, no.81, pp.21-24, 2006-05-20

聴覚器官は機械的構造をもつことから,熱膨張や組織の弾性率の温度特性により絶対音感(AP)に体温の影響があると考えられる.そこで本研究では,体温がAPにどのように影響するのかを調べた.純音発生器を用いてAP保持者自身の音高でA4(440Hz)に調節するように指示し,同時に耳式赤外線体温計によって鼓膜温度を測定した.その結果,被験者が440Hzと認識した周波数と体温には,限定的な期間において高い相関(R^2=0.7以上)が見られ,温度係数が約-3Hz/Kであることがわかった.このことから,極限の周波数弁別能力を達成するためには,蝸牛内の体温は約0.1Kの精度で調節される必要があると考えられる.

言及状況

Twitter (35 users, 35 posts, 17 favorites)

体温が絶対音感保持者の音高決定に与える影響に関する研究 - http://t.co/tXEA3aOBm0
影響あるんだな。そりゃそうか。「聴覚器官は機械的構造をもつことから,熱膨張や組織の弾性率の温度特性により絶対音感(AP)に体温の影響があると考えられる」 PDFは有料 ⇒CiNii 体温が絶対音感保持者の音高決定に与える影響に関する研究http://t.co/uApC2X4wTP
CiNii 論文 -  体温が絶対音感保持者の音高決定に与える影響に関する研究 http://t.co/2zYan0oDUW #CiNii こんな論文が
http://t.co/1b6b4BR4up 読みたいけど有料だ…
体温が絶対音感保持者の音高決定に与える影響に関する研究 http://t.co/6V0WO84H :興味深い。歳とって絶対音感を喪失していく原因には体温調節機能の衰えという可能性もあるわけか。
『体温が絶対音感保持者の音高決定に与える影響に関する研究』 http://t.co/KwkCRK5t おもしろい.

収集済み URL リスト