著者
大貫 挙学 松木 洋人
出版者
日本犯罪社会学会
雑誌
犯罪社会学研究
巻号頁・発行日
vol.28, pp.68-81, 2003

本稿の目的は,いわゆる「足利事件」の法廷において,事件の理解可能性がいかなる実践を通じて成立しているのかを明らかにすることにある.1990年5月,栃木県足利市で4歳の女の子が行方不明となり,扼殺死体となって発見される.この事件で逮捕・起訴されたSさんは,一審の途中までは,犯行を認めていたが,控訴審以降は,無罪を主張するようになった.だが,一審でなされた精神鑑定によって,Sさんは「代償性小児性愛者」と診断され,これが事件の動機と認定されていた.そして,そのような成員カテゴリー化実践が,控訴審以後においても,かれを犯人として事件を理解することを可能にしている.つまり,Sさんの犯行を前提に,それに適合的なものとして構成された動機が,かれが否認した後も,その属性として脱文脈化され,かれは<動機を有する真犯人>と理解されたのである.本稿では,動機の語彙論(C.W.ミルズ)と成員カテゴリー化分析(H.サックス)を架橋することによって,犯行動機の構成と行為者への成員カテゴリー化が相互反映的な関係にあることを論じるとともに,法廷場面における精神鑑定の用法が含んでいる問題とその帰結を経験的に指摘する.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[性犯罪][社会学]

Twitter (29 users, 31 posts, 38 favorites)

こんな論文どうですか? 犯行動機の構成と成員カテゴリー化実践 : いわゆる「足利事件」における精神鑑定をめぐって(II 自由論文)(大貫 挙学ほか),2003 https://t.co/hwL9DwTWpf
#society #jounalistic #学び 犯行動機の構成と成員カテゴリー化実践 : いわゆる「足利事件」における精神鑑定をめぐって(II 自由論文) - 文献詳細 - Ceek.jp Altmetrics.. http://t.co/kjnzabqERf
この論文を松木さんと共に書かれた方の単著でありました。>前ツイート/ [PDF]大貫挙学,松木洋人(2003)「犯行動機の構成と成員カテゴリー化実践 ―いわゆる「足利事件」における精神鑑定をめぐって」『犯罪社会学研究』(28) http://t.co/LMfS4Ew99z
こんな論文どうですか? 犯行動機の構成と成員カテゴリー化実践 : いわゆる「足利事件」における精神鑑定をめぐって(II 自由論文)(大貫挙学ほか),2003 http://id.CiNii.jp/Zy0VL
こんな論文どうですか? 犯行動機の構成と成員カテゴリー化実践 : いわゆる「足利事件」における精神鑑定をめぐって(II 自由論文),2003 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006153645 本稿の目的は,いわゆる「足利事件」の法廷において,事件の理解可

収集済み URL リスト