著者
神沼 靖子
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.48, no.3, pp.970-975, 2007-03-15
被引用文献数
4

情報システム(IS: Information Systems)は社会や企業のさまざまな場面において人間活動を支援する重要な役割を担っている.このためIS 領域の課題は多面的であり,その研究は広範囲にわたっている.そのうえ,IS の問題解決は,技術的な側面から社会的な側面まで幅広く,研究方法も多様である.一方で,IS 論文をいかに書くかに関する悩みをかかえている研究者や実践者も多い.このような状況のもと,本論文では,IS 領域における論文の特質について分析し,さらにIS 視点での論文の書き方および有用性評価について考察する.The information system supports various human activities in society and enterprise. Therefore, the problem concerning the information system is various, and the research is also carried out in the wide domain. In addition, technical problem and social problem will be included for the theme in the information systems research, and the research method is also various. On the other hand, there are many practitioners and researchers who worry on how the information systems paper should be written. In this paper, under such background, characteristics of the paper in the information systems field are analyzed. In addition, writing method and usefulness evaluation of the paper are considered.

言及状況

はてなブックマーク (9 users, 9 posts)

システム開発論文の書き方に関する論文

Twitter (5 users, 7 posts, 14 favorites)

システム開発論文の書き方に関する論文 / “CiNii 論文 -  情報システム論文の特質と評価” https://t.co/Yts4Hnu7Hi
神沼靖子「研究成果は実社会に適用され,社会で活用された成果が再び研究に還元されることに意義がある.それはスパイラルに進展される.そこに貢献するのがIS論文である」 http://t.co/IY06wT7p
神沼靖子「さらに,IS論文には技術的アプローチと,人間や組織や社会の視点からのアプローチとがある.それゆえ,IS論文は多面的であり,複雑な側面をを有することになる」 http://t.co/IY06wT7p
神沼靖子「ISは,社会活動,組織の業務活動,研究活動,教育活動,個人の情報活動など,そのライフサイクルのすべての場面で人間を巻き込み,人間と一体となって機能する.このため,IS研究は技術の枠を越えて,社会的な関心を強く反映したものとなる」 http://t.co/IY06wT7p

収集済み URL リスト