著者
芳賀 良一
出版者
帯広畜産大学
雑誌
帯広畜産大学学術研究報告. 第I部 (ISSN:0470925X)
巻号頁・発行日
vol.3, no.4, pp.478-"486-1", 1963-07-10

樺太犬のもつ北方犬特有のすぐれた習性や本能,また寒地に適応した特殊な生理機能と若さの体力が,昭和基地という南極では比較的安全な露岸地帯の基地を中心にして生活をなし,またアザラシやペンギンにもめぐまれて生存し得たものと推察される。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

https://t.co/00D7AK7rNe 無人の昭和基地における樺太犬の生存について 樺太犬は熊のように数日間冬眠できたそうな…

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: 221.32.111.154
2013-05-18 10:42:04 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト