著者
岩見 和彦 山本 雄二 関口 理久子 松原 一郎
出版者
関西大学
雑誌
関西大学社会学部紀要 (ISSN:02876817)
巻号頁・発行日
vol.38, no.3, pp.133-184, 2007-03

発展や進歩の概念はつねにアンビバレントな意味を含んでいる。というのは、それらは未来によりよい状態を想定し、人や社会に希望を与える一方で、今われわれが生きている現在を未来への単なる途上として位置づけ、未来の幸福に資する限りで有意義であるような位置に押しとどめるからである。「成熟した社会」であると言われる現代にあって、「現在」がこのような貧しい意義しか持っていないとしたら、その「成熟」はことばのまやかしである。経済の成長に希望を託すことができない時代である今こそ「社会の成熟」を考える好機である。この論文では第2章から第5章まで、4人の研究者が「成熟」に関して考察している。第2章は、現代社会と個人における「成熟」概念の困難と希望を、理論的な側面から考察している。第3章は、戦後教育思想の浸透に伴って忘れられてきたもの、すなわち「暴力」の問題を事例に基づいて考察した。第4章は自伝的エピソード記憶の再生にかかわる性差と抑うつ気分の影響を実験によって調べ、検証した。第5章は、震災復興支援の経験から、物よりも社会関係資本の構築が支援策としては重要であることを論じている。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (3 users, 5 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? <成熟>概念の社会学的研究(岩見 和彦ほか),2007 https://t.co/pwY4H2V7tE 発展や進歩の概念はつねにアンビバレントな意味を含んでいる。というのは、それらは未来によ…
こんな論文どうですか? <成熟>概念の社会学的研究(岩見 和彦ほか),2007 https://t.co/jllGHZRM85 発展や進歩の概念はつねにアンビバレントな意味を含んでいる。というのは、それらは未来によ…
こんな論文どうですか? <成熟>概念の社会学的研究(岩見 和彦ほか),2007 https://t.co/jllGHZRM85 発展や進歩の概念はつねにアンビバレントな意味を含んでいる。というのは、それらは未来によ…
CiNii 論文 -  <成熟>概念の社会学的研究 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006565900

収集済み URL リスト