著者
砂本 文彦
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.73, no.633, pp.2497-2504, 2008-11-30

The purpose of this study is to clarify of spatial consciousness reflected on dancehall in modem Japan. Through several drawings of the project of dancehall at Hotel Lake Biwa constructed by The Policy of Tourist Industry during 1930s, there are some conflicts and reflections at the points of various appearances and plans on design process. The beginning of this project, it was designed as a dancehall under the policy of promotion of dancing by Shiga Prefecture. A few years later, suppression of dancing by the police administration had caused some changes from dancehall to multi-purpose hall on design process.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 近代日本のダンスホールに投影された空間意識 : ダンス取り締まり強化と琵琶湖ホテルダンスホールの設計過程(砂本 文彦),2008 https://t.co/xR8FdaKBH6
「当時、日本のダンスホール建築のいくつかは、ダンスホールのみならず、空間の転用性や利用方法の重層性を考慮しなければならない二面性を抱えていた可能性を示している。」 http://t.co/gu7FflNy
「湖上のエロ 納涼ダンス船は許可せぬ 」 http://t.co/gu7FflNy
砂本文彦「近代日本のダンスホールに投影された空間意識」(http://t.co/QpVCAshM)という論文があった。戦前のダンスホール事情。やはり基本いかがわしい場所と捉えられていたもよう。

収集済み URL リスト