著者
櫻井 義秀
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.83, no.2, pp.453-478, 2009

本稿では、宗教と倫理が緊張関係にある事例としてカルト問題を取り上げ、教勢拡大中のキリスト教教会や宗教団体にはカルトにも共通する特徴があることを指摘した。宣教体制に機能特化した教団は、教化力・組織力・指導力を高めるべく<指導-被指導>関係を軸とした権威主義的体制を構築する。そこにおいて、「教会のカルト化」「宗教団体のカルト化」として批判される信徒への抑圧・搾取的行為や反社会的行動が見られることがある。宗教組織や宗教運動に固有の逸脱を批判してきたものは、現実の宗教団体に対して外郭的秩序として機能する倫理や法ではなく、カルトに巻き込まれた当事者や支援者が特定教団の活動を社会問題として批判・告発してきた活動であった。具体的な問題を解決する過程において構築される社会倫理こそが、宗教とカルトを分かつものが何であるか、そして、宗教と倫理をめぐる緊張とはいかなるものであるかを明らかにしてくれるだろう。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 8 posts, 3 favorites)

宗教」と「カルト」のあいだ(特集宗教と倫理) https://t.co/EewJKKkAgM「
宗教」と「カルト」のあいだ(特集宗教と倫理) https://t.co/EewJKKkAgM「
こんな論文どうですか? 「宗教」と「カルト」のあいだ(<特集>宗教と倫理)(櫻井 義秀),2009 https://t.co/0dR83x8NvN
宗教」と「カルト」のあいだ(特集宗教と倫理) https://t.co/EewJKKkAgM「
宗教」と「カルト」のあいだ(特集宗教と倫理) https://t.co/EewJKKkAgM「
宗教」と「カルト」のあいだ(特集宗教と倫理) https://t.co/EewJKKkAgM「
1 1 https://t.co/CqcgxU38yd https://t.co/HcRnc2TwjC
宗教社会学では、カルトと宗教の間に宗教的価値や倫理性に質的な差異は無いとしてるのか。 https://t.co/TeU5Ol39Ag

収集済み URL リスト