著者
石井 国雄 沼崎 誠
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.53-60, 2009

The Implicit Association Test (IAT) is known as a useful measure of implicit attitude. Recent study had shown that the features of the stimulus items influence the IAT effects (Bluemske & Friese, 2006; Govan & Williams, 2004). We tested whether the stereotypic stimulus items would influence the effects of a gender attitude IAT. Study 1 preliminarily showed that female participants exhibit strong implicit ingroup biases related to gender, but male participant do not. Study 2 showed that the effects of gender attitude IATs were moderated by the stereotypicality of the stimulus items. This study demonstrated that the effects of gender attitude IATs in which stereotypic items were used reflect the effects of gender attitudes and gender stereotyping.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 11 posts, 0 favorites)

【社会心理学研究・掲載論文】石井ら(2009) ジェンダー態度IATにおけるステレオタイプ的な刺激項目の影響 https://t.co/sM7SaCULlK
【社会心理学研究・掲載論文】石井ら(2009) ジェンダー態度IATにおけるステレオタイプ的な刺激項目の影響 https://t.co/sM7SaCULlK
【社会心理学研究・掲載論文】石井ら(2009) ジェンダー態度IATにおけるステレオタイプ的な刺激項目の影響 https://t.co/sM7SaCULlK
【社会心理学研究・掲載論文】石井ら(2009) ジェンダー態度IATにおけるステレオタイプ的な刺激項目の影響 http://t.co/6uXI6rrlXO
【社会心理学研究・掲載論文】石井ら(2009) ジェンダー態度IATにおけるステレオタイプ的な刺激項目の影響 http://t.co/AyPieIkaHM
【社会心理学研究】 ジェンダー態度IATにおけるステレオタイプ的な刺激項目の影響 http://t.co/6uXI6rrlXO 【掲載論文紹介】

収集済み URL リスト