著者
水野 由多加
出版者
慶應義塾大学
雑誌
哲學 (ISSN:05632099)
巻号頁・発行日
vol.110, pp.1-35, 2003-03

特集コミュニケーション課程の諸相論文はじめに1. 本稿の論点 : 創造,新しさへの論理探索2. 見出される「隠された広告効果」 : 新しい知識の結びつき3. 受け手の「能動性」 : 情報消費社会の基本認識4. 脱構築の記号論 : ズレが生成する新たな解釈コード5. フレームとメッセージの交錯 : 演出要素それ自体の役割6. ズレが引き込もうとするもの : 異人性・外部性としての広告7. 広告は誰のものか : 広告における公共性と倫理8. 脱構築の広告研究の深化に向けて : 広告研究展望への姿勢謝辞The author tried to make a bridge between research on advertising in marketing aspects and sociological (in its wide meanings) aspects in this paper, in order to make a deeper understanding beyond modern frameworks. He told that effective advertising would 'be shaped where new meaning cleaping into a gap from shared code of interpretation,' 'make new values unite,' as a consequence, and 'be also shaped favorable advertising by the society.' Shaped favorable advertising by the society might be a way of designing to advertising, affording a framework to the real world, and taking into considerations of public, ethics, and bounded resources.

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

水野由多加,2003,コミュニケーションとしての広告研究──その学際的探索の糸口としての「広告の形成(shaping)」 https://t.co/ewbE3w2AYR

収集済み URL リスト