著者
塩崎 麻里子 中里 和弘
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.25, no.3, pp.211-220, 2010

The purpose of this study was to examine the differences between regret over actions taken versus regret over inaction vis-a-vis bereaved family. The focal points of the study were as follows: 1) to explore the nature of unreversed regret in the bereaved; 2) to examine the association between the number and intensity of regrets and mental health and grief; and 3) to examine the effect of action and inaction on mental health and grief. Using a mail-in questionnaire, we surveyed and analyzed the results of 89 bereaved respondents. The results showed that participants had more lifetime regrets over inaction than over action taken. The number and intensity of regrets also correlated with mental health and grief. Bereaved participants who expressed regret over inaction had poorer mental health and stronger feelings of grief than those with no regrets over inaction. We discuss the implications of unreversed regret and examine regret prevention for the bereaved.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 14 posts, 2 favorites)

【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 https://t.co/UD7d77XrBQ
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 https://t.co/UD7d77XrBQ
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 https://t.co/UD7d77XrBQ
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 https://t.co/UD7d77XrBQ
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 https://t.co/UD7d77XrBQ
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 http://t.co/UD7d77XrBQ
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 http://t.co/HDPBG7W74i
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 http://t.co/LNQJAPjY9d
【社会心理学研究・掲載論文】塩崎ら(2010) 遺族の後悔と精神的健康の関連:行ったことに対する後悔と行わなかったことに対する後悔 http://t.co/UgHfVOEZ5F

収集済み URL リスト