著者
品川 ひろみ
出版者
日本保育学会
雑誌
保育学研究 (ISSN:13409808)
巻号頁・発行日
vol.49, no.2, pp.224-235, 2011-12-25

本研究は日系ブラジル人が多く入所する保育所において,通訳がどのような役割を果しているのかについて,保育士に対するアンケート調査,園長に対するインタビュー調査をもとに,「日常の保育」と「文化の保障」という二つの視点で検討した。その結果,「日常の保育」においては,通訳の存在は大変重要であり,通訳がいることで子どもや保護者へのコミュニケーションがスムーズにいき,細かいところにまで配慮した保育が実現できることがわかった。「文化の保障」についても,通訳が子どもの母語や文化を保障する役割としても機能していることがわかった。一方で,日本人保育士たちは多様な考えをもち,必ずしも文化の保障が必要であるとは考えていない者も見られた。また,通訳が常駐している保育所と,巡回型の保育所では,通訳の役割そのものは,どちらも同じように重要であったが,巡回型では時間的な制約があり,十分な関わりができない面も確認された。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

3 3 https://t.co/64rswUfNie https://t.co/zDdimRCOIK
2 2 https://t.co/oIvX84FnID https://t.co/cg4zUfVUod
“CiNii 論文 -  多文化保育における通訳の意義と課題 : 日系ブラジル人児童を中心として(自由論文)” https://t.co/n3HiSsZUVv

収集済み URL リスト