著者
斎藤 富由起 吉田 梨乃 小野 淳 Fuyuki Saito Yoshida Rino Ono Atushi 千里金蘭大学 生活科学部 児童学科 東京学芸大学大学院 教育学研究科 千里金蘭大学 生活科学部 児童学科
出版者
千里金蘭大学
雑誌
千里金蘭大学紀要 (ISSN:13496859)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.19-26,

三世代のボディワークとして注目されているロシア武術システマ(Systema)は1.護身術、2.怒りを中心とした感情コントロール技法としての呼吸法、3.自己への気づきを深めるためのボディワーク、4.非常に強いストレッサーへの対処法、5.親子関係や対人関係を中心としたコミュニケーションの質を高めるワークショップなどに活動領域を広げている。一方、システマは日本に導入されてから日が浅く、定義が不明確であり、基礎研究に乏しかった。本研究では、作成された定義に基づきシステマの公認インストラクターへの半構造化面接を通じてシステマの特徴を整理した。また参与観察法に基づきシステマ親子クラスの構造を分析し、ワークショップ性と即興性の観点からその活動の性質を考察した。システマ親子クラスは、親子のコミュニケーションの質を高める優れたワークショップであることが示唆された。

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

システマ親子クラスに関しての論文がCiNiiに掲載されています。 中心となった執筆者は親子クラスにアシスタントとして継続的に参加し、インストラクターにインタビューにするほか、コンスタンチン・コマロフやミカエル・リャブコにインタビューをするなど、かなり入念な質的研究を続けています。 なかなかよく出来ているので、興味ある方はぜひ読んでみてください、 http://ci.nii.ac.jp/naid/1 ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[martial arts] 千里金蘭大学紀要掲載の論文。用語の定義や情報源、サンプルなど課題のある研究ではあるが。

Twitter (11 users, 12 posts, 16 favorites)

システマ関連の論文はこんなのがありましたね。「システマ親子クラスにおけるコミュニケーションおよび運動の学びに関する研究 : ボディワークとしてのシステマ」 https://t.co/VYBC3LSjRx
ciniiに新しいシステマ関連の論文が掲載されています。執筆者の一人はシステマ親子クラスにアシスタントとして継続的に参加し、コンスタンチン・コマロフやミカエル・リャブコにもインタビューするなど精力的な研究をしています。 http://t.co/2t9QYd91YJ
システマ親子クラスの構造とファシリテートの特徴に関する質的研究 : ワークショップとしてのシステマ http://t.co/Zqxa93uWl9 やはりこういう方向の研究がでてくるか

収集済み URL リスト