著者
井ノ崎 敦子 上野 淳子 松並 知子 青野 篤子 赤澤 淳子
出版者
大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター
雑誌
学校危機とメンタルケア (ISSN:1883745X)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.49-64, 2012-03-31

近年、10代や20代の若者のカップルにおける暴力、すなわちデートDVが深刻な社会問題として注目されている。デートDV予防の重要性が指摘され、様々な実践活動が各地で展開されているが、生起メカニズムに関する研究はほとんどない。デートDVは暴力問題の1つでもあるが、不健全な恋愛関係の1形態でもある。恋愛関係に関しては、愛着理論に基づく研究が進んでいる。それらの中で、不健全な愛着を示す者は、不健全な恋愛関係を形成しやすいことが指摘されている。このことから、デートDVの生起が愛着の不健全さと関連があると考えられる。そこで、本研究では、デートDVの加害及び被害経験の程度と愛着の不健全さとの聞に関連が見られるかを検討することを目的とした。729人の大学生を対象に調査した結果、男女ともデートDV経験と愛着の不健全さとの聞に関連が見られ、男性の場合は、デートDV加害経験と親密性の回避と関連があり、女性の場合、デートDV加害及び被害経験と見捨てられ不安との聞に関連が見られた。また、男女でデートDV経験のリスクの高い愛着スタイノレが「とらわれ型」であったが、男女でデートDV経験の生起に関係する愛着の次元が異なった。以上のことから、性別の違いによって、愛着の不健全さとデートDVの経験の形の関連には違いがあり、デートDV予防にもジェンダーを考慮したプログラムの開発が必要であることが示唆された。Recently dating violence has been taking notice as an serious social problem. In Japan many dating violence prevention programs have been carried out in recent years. But studies of mechanism of dating violence are few. Dating violence is but one of violence problems also one of unhealthy love relationships. This study examined the relationship dating violence and attachment. Subjects were 729 university students. Individuals filled out a series of questionnaires inquiring about past dating violence experiences and current attachment. Results indicated that dating violence is related to unhealthy attachment. As for attachment dimensions Avoidance was negatively related to dating violence in men and Anxiety was positively related to dating violence damages in women. As for attachment styles, Preoccupied was positively related to dating violence experiences but gender differences existed on the style of them. These results were discussed for development of dating violence prevention programs.

言及状況

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト