著者
佐藤 未央子 サトウ ミオコ Satoh Mioko
出版者
同志社大学国文学会
雑誌
同志社国文学 (ISSN:03898717)
巻号頁・発行日
no.80, pp.38-52, 2014-03

谷崎の映画テクストをもとに、明治四十四年から大正五年に谷崎が受容した映画の概要と評価を確認し、いかなる要素が作品に抽出されているか分析した。映画の倒錯性、非現実性を好んだ谷崎は、映画タイトルを用いた修辞によって作品世界に同様の性質を付与していた。また谷崎の映画テクストにおいて特徴的な要素である俳優に対するまなざしは、この時期既に萌芽していた。更に、谷崎の映画受容とその記録からは、第一次世界大戦前におけるヨーロッパ映画の隆盛を看取できた。

言及状況

Twitter (7 users, 11 posts, 7 favorites)

【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容 : 明治四十四年~大正五年」2014 https://t.co/JCYYlRZDJ3
【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容 : 明治四十四年~大正五年」2014 https://t.co/JCYYlRZDJ3
【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容 : 明治四十四年~大正五年」2014 https://t.co/JCYYlRZDJ3
【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容 : 明治四十四年~大正五年」2014 https://t.co/JCYYlRZDJ3
1 1 https://t.co/rPgPDiVEpI
【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容 : 明治四十四年~大正五年」2014 https://t.co/JCYYlRZDJ3

収集済み URL リスト