著者
佐藤 未央子 サトウ ミオコ Sato Mioko
出版者
同志社大学国文学会
雑誌
同志社国文学 (ISSN:03898717)
巻号頁・発行日
no.82, pp.89-103, 2015-03

大正中期における谷崎潤一郎の映画受容を分析するにあたり、本稿では「痴人の愛」(大正十三年~大正十四年)に焦点を当てた。ナオミが二重写しにされたさまざまな女優とその評価や位置付けについて、関連資料を用いて具体的に考察し、小説における当時の文脈を復元した。また映画観客としてのナオミの主体性や、「痴人の愛」が映画界に対して二重に同時代性を持つことを論じた。

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 2 favorites)

【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容(2)「痴人の愛」を中心として」2015 https://t.co/pRJ6YnXxwj
【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容(2)「痴人の愛」を中心として」2015 https://t.co/pRJ6YnFW7J
【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容(2)「痴人の愛」を中心として」2015 https://t.co/pRJ6YnFW7J
【Webで読める論文】 佐藤 未央子「谷崎潤一郎の映画受容(2)「痴人の愛」を中心として」2015 https://t.co/pRJ6YnFW7J

収集済み URL リスト