著者
大竹 恵子 オオタケ ケイコ Otake Keiko
出版者
同志社大学政策学会
雑誌
同志社政策科学研究 = Doshisha policy and managemant review (ISSN:18808336)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.39-52, 2016-09

研究ノート(Note)近年、日本では高齢化にともない、介護サービス分野における人材確保が緊急の課題となっている。本論文では、中心的役割を担うことが予想される介護福祉士に着目し、介護分野における就業率等の就業状況や、介護分野での就業に関する意識について、既存の統計データや調査を基に現状と課題を考察している。その結果、今後の研究課題として、ワーク・ライフ・バランスに関する要因、介護職場への適切なイメージにつながる教育段階での取り組み、就業継続を促す現場での経験、専門性の発揮の有無による就業継続の違いなどについて検討していく必要があると考えられる。

言及状況

Twitter (3 users, 9 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 - 介護福祉士の介護分野での就業に関する現状と課題 https://t.co/TKA8IhiHPq
CiNii 論文 - 介護福祉士の介護分野での就業に関する現状と課題 https://t.co/TKA8IhiHPq
CiNii 論文 - 介護福祉士の介護分野での就業に関する現状と課題 https://t.co/TKA8IhiHPq
CiNii 論文 - 介護福祉士の介護分野での就業に関する現状と課題 https://t.co/TKA8IhiHPq
CiNii 論文 - 介護福祉士の介護分野での就業に関する現状と課題 https://t.co/TKA8IhAje0
CiNii 論文 - 介護福祉士の介護分野での就業に関する現状と課題 https://t.co/TKA8IhiHPq
CiNii 論文 - 介護福祉士の介護分野での就業に関する現状と課題 https://t.co/TKA8IhiHPq
1 1 https://t.co/hYKDNqPoMa
CiNii 論文 -  介護福祉士の介護分野での就業に関する現状と課題 https://t.co/fUgxHFN17x #CiNii

収集済み URL リスト