著者
徐 玄九
出版者
専修大学人間科学学会
雑誌
専修人間科学論集. 社会学篇 (ISSN:21863156)
巻号頁・発行日
no.8, pp.53-64, 2018-03

明治末期から大正期を経て昭和初期にかけて、いわゆる「第二維新」を掲げる多くの運動が展開された。日本のファシズム化の過程で結成された多くの国家主義団体は、ほとんど大衆的組織基盤をもっておらず、しかも、組織機構を整備していなかった。ごく少数の幹部が勇ましいスローガンを掲げていたに過ぎず、経済的基盤も弱かった。しかし、大本教および出口王仁三郎の思想と運動は、これまでのテロやクーデターに頼った右翼や青年将校に比べて、大衆組織力、社会への影響力という点で、群を抜いていた。そして、大本教および出口王仁三郎の運動を「天皇制ファシズム」を推し進める他の団体、青年将校らと比較した場合、決定的に違う点は、テロやクーデターのような暴力的手段に訴える盲目的な行動主義とは一線を画し、「大衆的な基盤」に基づいて、あくまでも「無血」の「第二維新」を目指したことである。出口王仁三郎が追求したのは「民衆の力を結集すること」による社会変革であったのである。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

昭和維新運動 : 大本教・出口王仁三郎を中心に https://t.co/hQjsBQRrSV
あとでよもー CiNii 論文 -  昭和維新運動 : 大本教・出口王仁三郎を中心に (宇都榮子教授 退職記念号) https://t.co/YFCP41hX3g #CiNii
CiNii 論文 -  昭和維新運動 : 大本教・出口王仁三郎を中心に (宇都榮子教授 退職記念号) https://t.co/CulbuYcKyC #CiNii

収集済み URL リスト