著者
楽木 章子 東村 知子 八ッ塚 一郎
出版者
岡山県立大学保健福祉学部
雑誌
岡山県立大学保健福祉学部紀要 = BULLETIN OF FACULTY OF HEALTH AND WELFARE SCIENCE, OKAYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY (ISSN:13412531)
巻号頁・発行日
no.25, pp.75-85, 2019-03-12

家族関係の多様化にも関わらず、今なお、大多数の日本人にとって、「家族とは血縁で結ばれた親子を基本にする」という直結規範(産むことと育てることを直結させる家族観)が、その根底にある。この家族観は、「血縁のない親子をも認める」という分離規範(産むことと育てることの分離を是認する家族観)と対立し、養子縁組家庭の存在を意識的・無意識的に疎外している。本研究では、圧倒的多数派(直結規範)による支配的言説と、これに対する圧倒的少数派(分離規範)の対抗言説を言説領域ごとに検討する。具体的には、(1)学校という空間における支配的言説とその対抗言説、(2)実父母に対する支配的言説とその対抗言説、(3)身近な人々による支配的言説とその対抗言説、(4)メディアによる支配的言説と対抗言説を取り上げ、これらを具体的な事例に即して検討する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 6 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  養子をめぐる支配的言説とその対抗言説に関する事例研究 https://t.co/oizwxSok53
CiNii 論文 -  養子をめぐる支配的言説とその対抗言説に関する事例研究 https://t.co/oizwxSok53
CiNii 論文 -  養子をめぐる支配的言説とその対抗言説に関する事例研究 https://t.co/oizwxSok53
CiNii 論文 -  養子をめぐる支配的言説とその対抗言説に関する事例研究 https://t.co/nTRz6Dprv2 #CiNii

収集済み URL リスト