著者
河田 恵昭 奥村 与志弘 越村 俊一 藤間 功司 永井 紀彦
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
海岸工学論文集 (ISSN:09167897)
巻号頁・発行日
vol.51, pp.261-265, 2004

2003年十勝沖地震津波は我が国の津波予警報システムの盲点を突いた. 気象庁は地震発生4時間後に警報を解除し, それに同調して沿岸部自治体は避難勧告を解除した. しかし, その後になってエッジ波が最大波に匹敵する波高を伴って来襲した. 本研究では, エッジ波の防災上の問題点に着目し, エッジ波の予測に必要な条件を求めた. また, 北海道太平洋岸で発生し得る巨大地震を想定し, 大陸棚上にエッジ波が発生する場合の津波予警報解除の基準を求めるための基礎資料を得た. 特に, 室蘭-浦河間と浦幌-花咲間の予報区では発震後6時間は津波警報・避難勧告の維持が必要であることが分かった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? エッジ波の発生を考慮した津波予警報の改良に関する研究(河田 恵昭ほか),2004 https://t.co/FXXzkMYVPx
こんな論文どうですか? エッジ波の発生を考慮した津波予警報の改良に関する研究(河田 恵昭ほか),2004 https://t.co/FXXzkMYVPx
こんな論文どうですか? エッジ波の発生を考慮した津波予警報の改良に関する研究(河田 恵昭ほか),2004 https://t.co/FXXzkMYVPx
1 1 https://t.co/0Vr1TvEabx
こんな論文どうですか? エッジ波の発生を考慮した津波予警報の改良に関する研究(河田 恵昭ほか),2004 https://t.co/FXXzkMYVPx

収集済み URL リスト