著者
藤田 節子
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構 一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
巻号頁・発行日
vol.2010, pp.33-36, 2010

近年、学術論文の参照文献において、ネット情報源の使用が増加している。Webページは更新や消失が頻繁に行われるため、ネットからの参照文献は、読者が後年になって入手できるとは限らない。本調査は、2007年と2005年に刊行された図書館情報学関係学術誌4誌に掲載された論文の参照文献のうち、ネット情報源を使用した858件に記述されているURLにアクセスし、その文献を入手できるかどうかを調べた。その結果、2007年では28%、2005年では41%のネット文献が見つからなかった。文献の種類やトップドメイン名の種類による違いも調べた。記述されたURLで見つからなかったネット文献を、さらにサイト内検索や検索エンジンなどで探索すると、2007年は89%、2005年では82%が入手可能となった。参照されたネット文献の保存、サイト運営者の適切な管理運営、著者の的確な引用と、書誌事項の正確な記述が入手可能性を高める。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (8 users, 16 posts)

[ICT][研究] 「記述されたURLで見つからなかったネット文献を、さらにサイト内検索や検索エンジンなどで探索すると、2007年は89%、2005年では82%が入手可能となった。」
[ICT][研究] 「記述されたURLで見つからなかったネット文献を、さらにサイト内検索や検索エンジンなどで探索すると、2007年は89%、2005年では82%が入手可能となった。」
アーカイブ、リンク切れ
アーカイブ、リンク切れ
[knowledge][science][学び]
[knowledge][science][学び]

Twitter (9 users, 9 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析 https://t.co/7cfpg9GPjo #CiNii
【はてブ新着学問】 CiNii 論文 -  図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析 https://t.co/fZhImQRylD
CiNii 論文 -  図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析 https://t.co/wLBb06vkFO
CiNii 論文 -  図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析 https://t.co/loyc3dBAMU
“CiNii 論文 -  図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析” https://t.co/XgV5IkRzk9
CiNii 論文 -  図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析 https://t.co/RaAVgtOvoX
#knowledge #science #学び CiNii 論文 - 図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析: 図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析.. https://t.co/HgxXanAJf0

収集済み URL リスト