書店・出版・図書館ニュースbot (@jpub_news)

投稿一覧(最新100件)

WEKO - 立教大学学術リポジトリ https://t.co/Dh1oNdigm5
各種資料 - オープンアクセスリポジトリ推進協会 https://t.co/j8kAviko8H
イギリスにおける印刷ビラと見出し書体 : 1477年から1871年までの変遷 https://t.co/3Wv5jMLtrJ
CiNii 論文 -  JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して https://t.co/NntAkyKQf8
「情報管理」誌休刊のお知らせ https://t.co/2G5qxlsxh8
JAIRO | 2017年度前期展示「お経のかたち」図録 https://t.co/ZrZUYoWwGD
jsai2017:2M2-OS-34a-1 ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻な表現のフィルタリング https://t.co/4i86EjP5aH
日本の大学・研究機関における研究データの管理,保管,公開:質問紙調査に基づく現状報告 https://t.co/KWBf6i3Wip
埼玉医科大学における図書館システム更改の事例報告 https://t.co/n45I42j8Eh
青空文庫から.txtファイルの未来へ:パブリックドメインと電子テキストの20年 https://t.co/Hmkn9m4uIn
TRC MARCの構築:図書館と利用者のための書誌データベースを目指して https://t.co/ynUy10Mnxm
CiNii 論文 -  図書館における問題利用者 : コミュニケーション・スキルを用いた「怒り」への対処法(図書館員のメンタルヘルス) https://t.co/HGveZLyATU
CiNii 論文 -  図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析 https://t.co/RaAVgtOvoX
CiNii 論文 -  帝国日本の空間フレームと図書館 : 雑誌『朝鮮之図書館』をてがかりに (特集 図書館と文学 : 保存・検閲・スキャンダル) https://t.co/J7B9KgBZsD
CiNii 論文 -  帝国日本の空間フレームと図書館 : 雑誌『朝鮮之図書館』をてがかりに (特集 図書館と文学 : 保存・検閲・スキャンダル) https://t.co/tCVy4vNPBN
やりたいことを仕事にしよう!ししょまろはん流仕事術 https://t.co/41C9zfKsaM
日本の電子出版30年の軌跡:電子辞書・電子書籍の黎明期から現在まで https://t.co/I9t5ExtohN
読書通帳サービスにおける貸出記録の利活用をめぐる課題 -個人情報保護・「図書館の自由」との関わりに注目して https://t.co/3sM1YcBqpr
「オリエント」をふりかえって https://t.co/9Mcs50GYlL
大宅壮一文庫の雑誌記事索引:はじまりからWeb OYA-bunkoへ https://t.co/zzJ77M3dwV
つながれインフォプロ 第29回 Project Lieと「図書館情報学チャンネル」の5年間 https://t.co/Yb0xe8sQjl
日本十進分類法のLinked Data化:セマンティックWebへの対応を目指して https://t.co/DfS2Nwv1CC
CiNii 論文 -  公共図書館の現場で多くの職員が悩んでいる諸問題 https://t.co/XWIGySKm5P
日本十進分類法のLinked Data化:セマンティックWebへの対応を目指して https://t.co/BQNUsJiJro
国立国会図書館デジタルコレクション - 英国産業革命史重要文献所在目録 https://t.co/Z7NShOYYMB
CiNii 論文 -  「TSUTAYA図書館」から考える教育機関としての図書館 https://t.co/50BSdqeFTj
CiNii 論文 -  魅力ある読書ノート・読書記録(合) (第34回全国学校図書館研究大会(びわこ・くさつ大会)研究集録 研究主題 ひろがる、つながる、学びを変える学校図書館) -- (研究発表・問題 https://t.co/ulGMdF937Q
CiNii 論文 -  魅力ある読書ノート・読書記録(合) (第34回全国学校図書館研究大会(びわこ・くさつ大会)研究集録 研究主題 ひろがる、つながる、学びを変える学校図書館) -- (研究発表・問題 https://t.co/1RlXFSDHI6
ジャパンナレッジの挑戦:電子レファレンスツールの可能性 https://t.co/lZdlz5c7KS
CiNii 論文 -  海野十三の作品における「他者」としての地球外知的生命体像の変遷 ―大戦期を挟んだ作品注目して― https://t.co/4T0V8blfN0
CiNii 論文 -  読書記録を考える(特集) https://t.co/KmIS4UjfQT
ORCID : Status updates and future plans https://t.co/fXY9JDC2ac
情報論議 根掘り葉掘り 偽書あれこれ https://t.co/VAy6pCsx4O
情報論議 根掘り葉掘り 偽書あれこれ https://t.co/FcEbvpDt4p
「合理的配慮」の基盤としての情報のアクセシビリティ 障害のある人にもない人にも情報を届けるために https://t.co/lVmRvneNPP
日本の学協会誌掲載論文のオンライン入手環境 https://t.co/6WCQFd7TB3
図書館における非正規職員の意識調査:直営/指定管理の異動を軸とし たインタビューを通じて つくばリポジトリ https://t.co/GuvJSSLn3J
視点 図書館再考 https://t.co/OqJMH8KKMX
日本の学協会誌掲載論文のオンライン入手環境 https://t.co/svJHgvNnhB

227 0 0 0 OA 飛行官能

近代デジタルライブラリー - 飛行官能 https://t.co/LN0fNbHzCY
『国立国会図書館月報』 658(2016年2月)号 https://t.co/nyUs2IMzP7
Kyoto University Research Information Repository: 論文投稿の前に知りたいオープンアクセス https://t.co/ds3g6zl6a8
つながれインフォプロ 第26回 https://t.co/6WxdL5tAr4
国際基督教大学図書館のサービス:利用者教育を中心に https://t.co/8cm5plDfa3
つながれインフォプロ 第24回 https://t.co/quAeFhlh6r
集会報告 Code4Lib JAPAN カンファレンス 2015 https://t.co/ABVa3M3M1J
CiNii 論文 -  指定管理者管理下の図書館における特定図書の取り扱いについて(その2) https://t.co/EQbZf3eJTr
社会階層と図書館利用 - つくばリポジトリ https://t.co/IObvWgJ5Sd
近代デジタルライブラリー - 社会ユーモア・モダン語辞典 https://t.co/APSgVLLELv
CiNii 論文 -  雑誌をめぐる座談会 探して、見つけて、また探す (特集 雑誌探訪) http://t.co/521QHGAltQ
つながれインフォプロ 第22回 http://t.co/1JYc0YhgLZ
第27回情報活動研究会 WEBと図書館をつなぐカーリル,今,もっと便利に! http://t.co/R6u1ucMMGI
CiNii 論文 -  大学、短期大学、高等専門学校図書館等におけるライトノベルの所蔵状況 http://t.co/7Lf6m9xrDh
つながれインフォプロ 第21回 http://t.co/cGsEG6QQGO
学術フォーラム「科学を変えるデータジャーナル -科学技術データの共有・利用の新たなプラットフォーム」 http://t.co/cslQgwxW6Y
CiNii 博士論文 - コンテンツ入手元として機関リポジトリが果たしている役割 http://t.co/3jq49gA2dS
CiNii 論文 -  大学図書館における展示の実態と図書館員の認識 http://t.co/MUoSaglV0w
なぜ図書館はLinked Dataに取り組むのか 欧米の事例から http://t.co/rRdhWjg87c
電子書籍貸出サービスの現状と課題 米国公共図書館の経験から http://t.co/HZb71utC9r
JAIRO | 大学図書館における「脱出ゲームとゲーミフィケーションの可能性」 http://t.co/BuuYmQafMN
JAIRO | 公共図書館受託事業の現状分析と将来展望 http://t.co/LsCnKgnlv2
CiNii 論文 -  5106 大学図書館の空間構成分析と動線計画に関する研究(図書館,建築計画,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) http://t.co/tGJKZEd0xA
人生のお供に図書館を 2014年3大図書館本+α http://t.co/tswkuIyg2L
シュプリンガーの学術書籍出版とオープンアクセス http://t.co/Vhcbe4n677
RDA 資源の記述とアクセス 理念と実践 http://t.co/cBGsiVmENt
シュプリンガーの学術書籍出版とオープンアクセス http://t.co/xcayzUFOtd
電子ジャーナルの問題解決のための「3つの提言」 http://t.co/0hyPQix7GU
電子ジャーナルの問題解決のための「3つの提言」 http://t.co/yX2ZuyH2F3
CiNii 論文 -  大学図書館における学習環境と利用者の図書館像 : 「場」としての大学図書館の施設計画に関する研究(その1) http://t.co/YtmF6oJab6
CiNii 論文 -  天国から地獄へ : マンガから見た日本の第二次世界大戦の記憶:敗戦直後から1970年代まで(記憶の社会学) http://t.co/BJFcQQonKe
Scientific Data データの再利用を促進するオープンアクセス・オープンデータジャーナル http://t.co/nJX2ByAvGS
An overview of EPUB, digital publications and Web standards http://t.co/widWUi6Oqh
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/zUM9QuvRc0
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/zmdX8VIvLo
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/uDJrSbgzDn
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/Mn4HGoDJuU
PLOS ONEのこれまで,いま,この先 http://t.co/eer5CQGkpK
CiNii 論文 -  初期映画における「鍵穴映画」の変容 http://t.co/SYP4zNJ4Y4
「本を通じた人とのつながり」を設計する http://t.co/Sb3VTKYVpA
大学図書館書籍アーカイブHathiTrust http://t.co/vtRQUKZN6O
JAIRO | 「アテネ文庫」の研究(その1) http://t.co/Tp1rbxE2wc
学術研究成果のジャーナル出版とオープン化 http://t.co/MVmKeBwf2l
CiNii 図書 - 沖縄の図書館 : 戦後55年の軌跡 http://t.co/h9v2RSjcoE
電子教科書の現状 http://t.co/J58UtwqSK1
CiNii 論文 -  アグレッシブな配架の研究--思わず手が出る棚作りとディスプレイ (〔図書館問題研究会〕第30回研究集会の報告より) http://t.co/y39Qp9lIWj
CiNii 論文 -  変わる教育委員会--その活性化策(第57回)図書館を変えてみよう http://t.co/hUjgnCJCud
CiNii 論文 -  教育委員会制度改革と図書館 http://t.co/EQSE5TLrzz
ネット中毒と「読書中毒」 http://t.co/2y4X8pusK6
ネット中毒と「読書中毒」 http://t.co/Bow1F5tY6O
日比谷図書文化館という多面体 図書部門の活動から http://t.co/nYV5iMx0Wt
リサーチ・アドミニストレーターと図書館の研究情報資源 http://t.co/5LvraZnINK
リサーチ・アドミニストレーターと図書館の研究情報資源 http://t.co/EZCBIj6Znz
デジタルなら海を越えられるか 海外の日本研究を支援するために http://t.co/llK9oSFijz
つながれインフォプロ 第7回 http://t.co/AYQZS4UQnF
真の情報リーダーをめざして 現在と未来の情報専門職の姿 http://t.co/6n4XhyLNgl
相対化と相互作用の図書・図書館史 http://t.co/tzxyuPdro5
相対化と相互作用の図書・図書館史 http://t.co/IDhGCVSvEC
RDA(Resource Description and Access)でできることできないこと RDAの理解に向けて http://t.co/WT65g91FCA
図書館のこれまでとこれから http://t.co/6N6yDFHosf

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(2ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(4539ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @NIJL_collectors: [今日のPDF]小林 真理絵・他「狩野文庫目録増補改訂版作成の試み(2) ~和刻本漢籍医学分野図書の版木系統の解明~」 https://t.co/R4oDjXsBRp (2)も出ていると .@ruiouchi さんご教示。(2)では『…
RT @NIJL_collectors: [きょうのPDF]小林 真理絵「狩野文庫完全目録作成の試み(1)~和刻本漢籍經部の修正~」https://t.co/r59JrfizY2 「蔵書印情報を公開することで,蔵書家研究を行うことができ」「有名な旧蔵者の蔵書印はその資料の価値…
RT @TR_727: @tcv2catnap →加え/病の原因について知るすべを一切もちえない被害者は奇病に苛まれ、生計の途を絶たれ喘ぎ苦しんでいたばかりか、/敵対関係を持つことで、企業を頂点に戴く共同体から白眼視される事態に直面していた」 『環境正義と共同体の〈言葉〉 水俣…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「県知事を中心とする/調停委員会が/政治決着とも言える事態収拾を図り/チッソと患者家庭互助会員の間に見舞金契約書が締結された/。ところがチッソ側は/水俣病が自社/排水水銀に起因することを/この時点で把握し/当初から当事者間における…
RT @NKGgakkaishi: 【全文公開】野田 尚史(2014)「「やさしい日本語」から「ユニバーサルな日本語コミュニケーション」へ―母語話者が日本語を使うときの問題として―」『日本語教育』158号https://t.co/cf114rUYLZ
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 傘連判状を採り入れたコミュニケーションプロトコル(西田 健志ほか),2007 https://t.co/yvv6cDrF9G

17 17 17 2 OA 口絵

RT @NICHIBUNKENkoho: 【基幹研究プロジェクト】 #日本関係欧文史料の世界 を更新しました 《図版紹介》にティチング『日本風俗図説』(1819)を追加しました。当時の婚礼や儀式の様子が色彩豊かに描かれています。 図:https://t.co/KMm2xBkfh…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  ポーツマス講和条約交渉の再考察 : 多国間交渉・ミディエーション分析&小村寿太郎の一側面 https://t.co/X5cVckeANU #CiNii
RT @TR_727: @tcv2catnap おまけ:「ヒ素ミルク中毒事件といえば, 通常はこの時の被害の集中発生を指し,それまで,およびそれ以降は無事故/とされるのが一般/.しかし, 1953年以降1955年4月以前に発病 したヒ素中毒とみられる症例もあれば, 1956年以…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「「1955年8月24日,/厚生省はMF印の回収を指示」https://t.co/NVUQJctWkoについて、「F印以外のブランド(MV印, MC印)による被害については,被害児の親や/専門家が指摘したが,真相は唆味なまま/.中…
RT @TR_727: @tcv2catnap →「しかし,日本小児科学会と日本公衆衛生学会がそれぞれ後遺症の存在を公式に認め,後遺症の 存在は科学的に疑う余地のないものと位置づけられるに至り,両者の対立は自然消滅した」 同上 中島貴子『科学的知見の不確実性と専門家の倫理―戦…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「新聞報道と同じ日,森永は/厚生省に被害者の検診を要請し, 厚生省は「後遺症の有無を調査検討するため検診を行う」と発表した(13↓.一方/,各地で多くの医師が自主的に被害者たちの精密検診に取り組みはじめ/同年12月には,岡山大学医…
RT @TR_727: @tcv2catnap →森永が約束した後遺症研究のための助成機関は,乳幼児の栄養研究(粉ミルク 開発)の助成機関となり,後遺症に関する公的研究調査は一切,なされないまま月日が流れた.」 同上 中島貴子『科学的知見の不確実性と専門家の倫理』2007 h…
RT @TR_727: @tcv2catnap →かくして,131人が死亡し,/過少評価する西沢基準/すら1万2159人もの被害者が認定された前代未聞の食中毒事件/(1956年2月厚生省発表)/公式発表からわずか1年半たらず/,事件は社会の関心から消えていった. → 同上 中…
RT @TR_727: @tcv2catnap →「厚生省は翌1956年3月,各府県に精密検査/を指示し/希望者だけを対象に/実施された/検査/結果を集計した厚生省は「全貞異常なし.症状を有する者はいずれも中毒催息 以前の原病の継続」と発表した/.→ 同上 中島貴子『科学的知…
RT @TR_727: @tcv2catnap 「1955年8月24日,岡山大/と/県衛生部が原因食品(森永製MF印ミルク)と病因物質(ヒ素)を公表./厚生省はMF印の回収を指示し/専門的な第三者機関として,医療問題/「西沢委員会」と補償問題/「五人委員会」が/発足/.→ 中…
3代豊竹麓太夫については、拙稿「新出資料・吉田伝治郎座『二名島女天神記』興行番付についての報告」に触れるところがありますので、ご参照ください。 https://t.co/fkTuCDTufu 天保3年6月の、淡路座・小林六太夫座の紀伊公御前興行の、出演太夫のひとり。
RT @k_brigeil: 明治前半に、ドイツ法学大家であるブルンチュリの『政治の科学』を、フルベッキと武者小路実世が日本語にした『国会議員選挙論』https://t.co/pTJfSL9V4J。 631頁の内容が僅か76頁に減少。こちらが本物 https://t.co/dD…
RT @nilnil26: [PDF] 原田久義「【アメリカ】海外のデータの合法的使用を明確化する法律-クラウド法-」『外国の立法』No. 278-1 (2019.1),pp.4-5 国立国会図書館 https://t.co/X1aAwXuoLt
RT @Beriya: https://t.co/vFcp8Zwlz4 この「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」、せっかく日文研が再度注目されているのだから、読んでおくと面白いと思います。
RT @TokushimaU_lib: 【職員が執筆した論文が公開されました!】 徳島大学附属図書館が行っている学生協働の活動についてまとめた論文が「大学図書館研究」にて公開されました。 https://t.co/VQZqJVk4ZC 徳大の図書館で学生が色んな活動をしてい…
RT @twremcat: 野村 恭子 + 苅田 香苗 (2018) https://t.co/7RRTAyrFf1 >人口増加に直結するような移民問題は扱わない。 >妊孕性について議論することは避け,こどもを欲しいと思う心情を尊重 >日本衛生学会ならではのユニークな提案に結び…
RT @kameiasami: いか」 「学校などでは『桐壺』と『箒木』ぐらゐを読ませて、それで『源氏物語』を鵜呑にさせてゐる形であるが、それではとても駄目である」 田山花袋『長編小説の研究』31より。新詩壇社、大正14年11月 https://t.co/3cFsD8aOkl…
RT @star_buster: 内容も現代にはなかなか無い「未知との遭遇」って感じで面白いです。カワイイ! って言った数ページ後で食って味の話をするのはさすが日本人…なのか? コウテイペンギンって不敬だから大ペンギンにしようとか言い出したり、価値観や科学知識は明治なので、そこ…
RT @Naga_Kyoto: 神田孝治「森 正人 著『ハゲに悩む——劣等感の社会史』」 https://t.co/znR6oCTh2e 文化地理学者が書いたハゲの本の書評が観光学の雑誌に載る…訳が分からない…
RT @dandonban: @kumagai_chiba “女性の視点”に共鳴したのではなく、もっと普遍的な発想から研究テーマを見つけたはずである。フェミニズムは女性のためだけの社会改革を目指してはいない。“女性の視点”ではないのである。https://t.co/R6jknh…
RT @Naga_Kyoto: 森 正人「言葉と物―英語圏人文地理学における文化論的転回以後の展開―」 https://t.co/K3NGOb3wfn
RT @animemitarou: 神田孝治先生がアニメ聖地巡礼関連の研究ノートを出されました。『ひぐらし』について。「白川郷へのアニメ聖地巡礼と現地の反応 ―場所イメージおよび観光客をめぐる文化政治」ダウンロードURLはこちら! http://t.co/QyCx68vD
RT @ko_0021: 本日の読書 研究ノート「白川郷へのアニメ聖地巡礼と現地の反応」 神田孝治(和歌山大観光学部)さん 『観光学7』p23-28, 2012-07和歌山大学の紀要 https://t.co/VREBY2J3TP
RT @Naga_Kyoto: 神田孝治「森 正人 著『ハゲに悩む——劣等感の社会史』」 https://t.co/znR6oCTh2e 文化地理学者が書いたハゲの本の書評が観光学の雑誌に載る…訳が分からない…
RT @star_buster: 内容も現代にはなかなか無い「未知との遭遇」って感じで面白いです。カワイイ! って言った数ページ後で食って味の話をするのはさすが日本人…なのか? コウテイペンギンって不敬だから大ペンギンにしようとか言い出したり、価値観や科学知識は明治なので、そこ…

1 1 1 0 冒險世界

“CiNii 雑誌 - 冒險世界” https://t.co/3XJkEUHdgD https://t.co/kA3oR0BTjC

1 1 1 0 冒險世界

“CiNii 雑誌 - 冒險世界” https://t.co/3XJkEUHdgD https://t.co/kA3oR0BTjC
RT @senryusai: https://t.co/rBm4o0WQSa 「方言周圏論と方言区画論」東條操、1950年。 https://t.co/1IGYHY9xC8 「方言区画論と言語地域区分」中俣均、1997年。
RT @KoichiAkasaka: 藤田宗介「憲政資料室所蔵のオーラル・ヒストリー関連資料」参考書誌研究78号(2016年)、検索にとても便利です。/https://t.co/e7nU8RqoKM
RT @ajgeog: 経済地理学年報の論文ですね。 http://t.co/49kX6mHm 本文の pdf は無料公開ではないようですが。 RT @ogawa_numa さまざまな方が引用しているのでご存知かもしれないが、水内俊雄「近代都市史研究と地理学」はぜひいちど読むべ…
近年に発行された展覧会カタログだと、図書館員としてはこういうまとめをされると感動するし勉強になる。企画者の本気を実感したよね。 CiNii 図書 - 福岡道雄 : つくらない彫刻家 https://t.co/JLAVG8YNM1 #CiNii
国際芸術祭についてだと、記事として古いけど重要なのはこれだと思う。→ https://t.co/dqFliB4r48
RT @TetYahara: サンゴの移植はこれまでにも実施されていますが、それは白化などで衰退したサンゴ礁の再生のために行われているのです。埋め立てるために他の場所に移すという行為は、決して保全とは言えません。移植の現状と課題については日本サンゴ礁学会の提言をぜひご参照くださ…
RT @TetYahara: 日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全委員会(2008)「造礁サンゴ移植の現状と課題」:移植が負の効果をもつ可能性を認識するとともに,不必要な開発の免罪符にされたり,より重要な保全行動へ向かうべき努力の「すり替え」に使われることには注意しなければならない。h…
RT @TetYahara: このコメントとあわせて、以下の解説をぜひご参照ください。サンゴの採取は試験研究や養殖などの目的に限定して許可されます。さらに研究者の要望を受けて、希少種を除き、資源量の多い種に限定して採取を認める内規を沖縄県は定めています。7万群体の移植は許可でき…
RT @r_shineha: 小林先生のこちらの論文の第2節「大学はいつから「カネが足りない」と訴えるようになったか」とかは端的にまとまっているので必読 / 小林信一(2015)「大学改革と研究費―運営費交付金と競争的研究費の一体的改革をめぐって」 『レファレンス』https:…